はじめに > レイヤーの追加と管理

レイヤーの追加および管理方法

絵コンテの各パネルは1つまたは複数の描画レイヤーから構成されます。 これらのレイヤーが1つに組み立てられて各パネルの描画となります。

レイヤータイプ

Storyboard Proではベクター描画レイヤー、ビットマップ描画レイヤー、3Dレイヤー、グループの4種類のレイヤーをサポートしています。

  • ベクターレイヤー: ベクター描画はアートワークのシェイプの輪郭を構成する点と曲線、およびこれらのシェイプをフィルするカラーまたはテクスチャーでできています。 そのためベクターレイヤーのアートワークを拡大およびズームインしても、テクスチャーが含まれる場合を除き品質が損なわれることはありません。
  • ベクターレイヤーに描画する場合、各描画ストロークと鉛筆線は個別に操作可能な別オブジェクトです。 全体に描画ストロークが適用された場合でも、単一の描画ストロークを選択して自由に移動させたりトランスフォームしたりできます。 さらに描画ストロークは点と曲線でできているためシェイプの編集が可能で、容易にアートワークを修正・変更できます。

  • ビットマップレイヤー: ビットマップ描画はそれぞれが単色の小さな点であるピクセルのグリッドでできています。 ビットマップ描画ツールを使用して単一のフラットなキャンバスにブラシストロークを塗り、必要であればピクセル単位でアートワークを調整できます。
  • ビットマップレイヤーに描画する場合、各ストロークはキャンバスに合成されるため、常にペイントまたは削除のみが可能な単一の描画として維持されます。ただしそれにより個別の部分の調整はできません。

    ビットマップアートワークでは画像品質を損なわずに済む画素密度の許容範囲内でのみ拡大やズームインが可能です。 デフォルトではビットマップアートワークの画素密度は100%で、これはズームインや拡大を行わずにアートワークを表示するためのぎりぎりの数値です。それ以外の場合にはStoryboard Proによってアートワーク内に新しいピクセルが生成される必要があり、アートワークがぼやけたりピクセル化したりする可能性が高くなります。

    そのためビットマップレイヤーで描画を開始する前に、ズームインや拡大が必要になるかどうかに応じてビットマップアートワークに必要な画素密度を設定するとよいでしょう(を参照)Changing the Resolution of Bitmap Layers on page 1

  • 3Dレイヤー: ライブラリーに3Dモデルをインポートする場合、パネルに追加することで3Dレイヤーにモデルが保存されます。 その後描画レイヤーと同じように3Dモデルを操作・アニメーション化できます。
  • グループ: グループにはあらゆるタイプのレイヤーを複数含めることができます。 レイヤーをトランスフォームおよびアニメーション化するのと同じように、グループもトランスフォームおよびアニメーション化できます。 グループに適用したトランスフォームおよびアニメーションは、同時にグループ内のすべてのレイヤーに影響します(を参照)Grouping Layers on page 1

パネル内のレイヤーを管理する主な方法は、Stage(ステージ)およびCamera(カメラ)ビューのレイヤーパネルを使用する方法です。 ただし、同じように動作し、追加の機能を備えたLayers(レイヤー)ビューをワークスペースに追加することもできます。 左上隅のCollapse(折り畳む)ボタンをクリックしてレイヤーパネルを非表示にして、Stage(ステージ)およびCamera(カメラ)ビューの作業スペースを広げることができます。

Thumbnails(サムネール)ビューを使用してレイヤーを管理することもできます。 各パネルの右端にはレイヤーのリストが縦に並んでいるのでスクロールしてレイヤーを選択できます。 Thumbnails(サムネール)ビューの左、Tools(ツール)ツールバーの下にはLayer(レイヤー)ツールバーがあり、選択したパネルにレイヤーを追加/削除できます。

レイヤーを追加する

デフォルトではパネルには背景(BG)と描画レイヤー(A)が含まれますが、プロジェクトの各パネルに必要なだけレイヤーを追加できます。

レイヤーを削除する

不要なレイヤーを削除してレイヤーリストをすっきりと整理することができます。

レイヤーをグループ化する

管理を容易にするために、あるいは複数のレイヤーをまとめてトランスフォームおよびアニメーション化する場合に、レイヤーをまとめてグループ化することができます。

レイヤーを表示する、非表示にする

多くのレイヤーを扱う場合、特定のレイヤーを一時的に非表示にしてステージをすっきりと整理することができます。

グループを非表示にすることもできます。 グループを非表示にすると含まれるすべてのレイヤーも非表示になりますが、個別の可視性は維持されます。 そのためグループ内の一部のレイヤーのみを非表示にしてからグループそのものを非表示にし、その後グループの非表示を解除した場合、もともと個別に非表示にされていたレイヤーは非表示のまま、もともと表示されていたレイヤーは再び表示されるようになります。

レイヤーをロックする、アンロックする

選択したレイヤーをロックして、レイヤー上のオブジェクトが変更されないように保護することができます。 ロックしたレイヤーをアンロックすれば、オブジェクトに変更を加えることができます。