絵コンテメニュー

絵コンテメニューでは、パネル/シーン/シーケンス/トランジションを操作できます。注釈を記録/変更を追跡/プロジェクトのプロパティを表示および編集したりすることもできます。

コマンド 説明

新規

新規パネル

現在のパネルの後に新しいパネルを作成します。

前に新規パネル

現在のパネルの前に新しいパネルを作成します。

新規シーン

現在のシーンの後に新しいシーンを作成します。

前に新規シーン

現在のシーンの前に新しいシーンを作成します。

選択したパネルからの新しいシーン

選択したパネルから新しいシーンを作成します。

新規シーケンス

選択したシーンから新しいシーケンスを作成します。

セレクションから、新シーケンス

サムネイルビューまたはタイムラインビューで、選択した1つ以上のシーンから新しいシーケンスを作成します。

選択した項目が新しいシーケンスになります。これが、プロジェクトに最初に追加されたシーケンスである場合、その前または横のすべてのシーンがシーケンスとしても結合され、シーケンスマーカーがサムネールまたはタイムラインビューに表示されます。選択範囲が既存のシーケンスの一部であった場合は、それに応じて分割されます。

注: シーンを最初に分割しない限り、1つのシーンを2つ以上の異なるシーケンスに分割することはできません。

新アクトをはじめる

シーケンス内で新しいアクトを開始します。 絵コンテプロジェクトでアクトを有効にすると、絵コンテが1つの長いアクトで構成されていることが示されます。いくつかの小さなアクトでそれをブレイクしなければなりません。プロジェクトをアクトに分割する前に、ストーリー内の各アクトの開始パネルを定義する必要があります。

スマート追加パネル

別のパネルのエレメントを含む新しいパネルを作成します。

選択したパネルを複製する

選択したパネルを複製します。既存のパネルを複製する必要がある場合に使用します。

パネルの削除

選択したパネルを削除。 1つ(最小数)のパネルがあるため、空のプロジェクトを作成することは不可能です。

パネルの名前を変更

1つまたは、複数のパネルの名前を変更することができます。既定では、名前の変更パネル オプションはロックされています。パネルの名前を変更する前に、環境設定 ダイアログボックスで、このオプションのロックを解除する必要があります。 参照 絵コンテの構造について .

シーンの名前の変更

 

シーケンスの名前の変更

シーケンスの名前を変更できます。 プロジェクトにシーケンスを追加すると、シーケンスフィールドが「パネル」ビューに表示され、選択したシーケンスの名前を表示し、必要に応じて編集することができます。

シーンとパネル名のロック

シーンとパネル名をロックします。

シーンとパネル名のロックを解除する

シーンとパネル名のロックを解除します。

シーンの尺をロック

プロジェクト内のすべてのシーンの尺をロックします。これにより、パネルを追加/複製/削除するときに、各シーンの現在の長さが保持されます。

現在のフレームでパネルを分割

現在のパネルを2つに分割し、元のパネルと同じパネルを2つ生成します。レイヤーを含むすべてのエレメントは、両方のパネルにあります。各パネルの長さは、操作を実行するときに、赤い再生ヘッドの位置によって決まります。

パネルを現在のフレームに移動

赤の再生ヘッドの位置によって決定される特定のフレームに、そのインとアウトポイントを移動することによって、パネルの尺と位置を調整できます。

注: 指定するフレームは、インまたはアウトポイントを変更するパネルの、現在の位置に含まれている必要があることに注意してください。

現在のフレームをパネルの終了に移動

パネルにフレームを追加

パネルの尺を一度に1フレームずつ調整できます。

注: デフォルトでは、パネルの尺を変更するとパネル内の既存のカメラおよびレイヤーキーフレームの位置が、パネルの新しい尺に調整されます。ただし、キーフレームの位置は常にフレーム全体であるため、一度に1フレームずつパネルの尺を調整すると、期待どおりに調整されないことがあります。この動作は、レイヤーキーフレームでは変更できません。 カメラキーフレームのこの動作を変更する方法の詳細については、こちらを参照下さい キーフレームの同期モードについて.
パネルからフレームを削除

現在のシーンを分割

現在のシーンを2つに分割したり、3つのパーツに分割したりできます。

シーンを分割すると、既定では、現在のパネルの前に分割されます。

注: シーンを分割するときに、3つのパーツに分割され、選択されたパネルが分離されるように、これを設定で変更することができます。

現在のシーケンスを分割

シーケンスを2つに分配します。

選択したシーケンスを連結

選択した2つのシーケンスを連結します。

選択したアクトを連結する

選択したアクトを連結します。 一度アクトが分割されていても、それらはいつでもアクトに連結することが可能です。

変更履歴の追跡

自動トラックモード

あなたのプロジェクトの変更を自動的に検出することができ、サムネイルとタイムラインビューに通知を追加します。

日付による変更履歴の追跡

日付から、変更履歴を追跡できます。絵コンテが非常に大きくなると、特定の日付に加えられた変更履歴を追跡しやすくなる場合があります。日付による検索 ダイアログボックスが開き、変更履歴をより効率的に追跡するためのオプションが表示されます。

変更を検証

自動追跡モード機能を使用すると、変更の検証オプションを使用して、これらの変更をフォローアップできます。

自動追跡モードを使用するときに、プロジェクトに加えられた変更をフォローアップできます。

スナップショットの追加

スナップショットマーカーを追加して、エクスポートする PDF ファイルでパネル内のどのフレームを表示するかを指定できます。デフォルトでは、エクスポートする PDF ファイルには、各パネルの最初のフレームのみが表示されます。場合によっては、パネルから特定のフレームまたは複数のフレームを表示する必要があります。

パネルの尺の変更

選択したパネルの尺を変更できます。

トランジションの追加

シーン間のトランジションを追加できます。トランジションが作成されたら、それをカスタマイズすることができます。

トランジションの削除

選択したトランジションを削除します。

トランジションの尺を削除

選択したトランジションの尺を変更できます。

現在のシーンで3D を有効にする

選択したシーンを3D に変換して、3D 空間で2D および3D レイヤーを移動/回転させることができます。シーンに3Dオブジェクトがない場合でも、2D オブジェクトを Z 軸に沿って移動して、プレーンエフェクトを作成できます。3D シーンでは、カメラツールを使用して、カメラを3D 空間に移動することもできます。

注: シーンを3D に変換することは、プロジェクト全体ではなく、選択したシーンにのみ適用されます。

シーンを2D にリセット

Storyboard Pro はシーンを2D にリセットできます。これを行うと、次のことが起こります:

インポートされた3D モデルは削除されます。
3D カメラの移動は削除されます。
3D で移動および回転された2D レイヤーは、2D に戻され、それらの変換が削除されます。

音声注釈の記録

音声注釈を記録できます。あなたのコンピュータとStoryboard Pro に正しく接続されたマイクが必要になります。

音声注釈が記録された後、音声注釈 セクションには、注釈の合計数/シーケンス内の現在のボイス注釈の順序/パネルに関連付けられている音声注釈の合計数が示されます。音声注釈を記録すると、上書きされることなくシーケンス内に蓄積します。任意の注釈を選択して再生することができます。

プロパティ

プロジェクトのプロパティ設定を変更可能な、「プロジェクトのプロパティ」ダイアログボックスを開きます。