ブラシツールを使用した描画

T-SBFND-008-002

Storyboard Pro、を起動すると、現在選択されているパネルとレイヤーを描画することができます。まず、描画レイヤーの種類をベクトルまたはビットマップを選択する必要があります。これらのツールは、そのようなタイプのレイヤーで使用できるようになります—参照 レイヤーについて .

注: スケッチの後ろに、フラットカラーマットを追加して描画をホワイトアウトするには、こちらを参照下さい 自動マットレイヤーの生成.

これらは、 Storyboard Pro で描画を開始する一般的な手順です