はじめに > アニマティックを作成する

アニマティックの作成方法

絵コンテを作成したら、次のステップはそれをアニマティックにすることです。 アニマティックとは基本的に、絵コンテの各パネルを実演するビデオです。 各パネルは意図したアクションのタイミングに合わせて調整する必要があり、各シーンは意図したストーリーのペースに合わせて調整する必要があります。 カメラ動作をアニメーション化して、カメラ動作とフレーミングに対してアクションがどのように見えるかをシミュレートすることができます。 絵コンテのレイヤーをアニメーション化して、アクションとタイミングを識別しやすくすることもできます。

暫定的にサウンドエフェクト、サウンドクリップ、音楽トラックを追加して、アクションのペースを合わせたり最終製品向けのサウンドミックスのドラフトを作成したりできます。 オープニングやエンディングシーケンス、オーバーレイ、キャプション、ロゴ、実写映像などのビデオおよび静止画も、参照用に使用するために、あるいはパネルにスケッチしなくて済むように、アニマティックに追加できます。

Storyboard Proでは、Timeline(タイムライン)ビューを使用して絵コンテからアニマティックを作成できます。 Timeline(タイムライン)ビューはビデオ編集ソフトウェアのタイムラインと非常によく似ています。 主な機能には、各パネルのタイミングの視覚的な調整、サウンドおよびビデオクリップのインポート/挿入/切り取り、カメラ動作のアニメーション化、レイヤーのアニメーション化、シーン間のトランジションの追加があります。 そのため、アニマティック作成に向けた各ステップでこのビューを使用することになります。

絵コンテの作成後にTimeline(タイムライン)ビューを最初に開くと、絵コンテのすべてのパネルがすでにトラック内にあり、各パネルが最後の1秒までタイミングが調整済みであることが分かります。 そのため、絵コンテはすでにベアボーンのアニマティックであり、各パネルの長さの調整を開始して、意図したアクションのタイミングと意図したシーンのペースに一致させることができます。

最後に、アニマティックをビデオファイルやToon Boom Harmonyシーンにエクスポートできます(プロジェクトのエクスポート方法を参照)。

パネルの尺を設定する

パネルの尺を設定する方法は複数用意されています。 Panel(パネル)ビューでは現在のパネルの正確な尺を入力できます。 Timeline(タイムライン)ビューではパネルを視覚的に拡張または短縮できます。 Add Frame to Panel(パネルにフレームを追加)とRemove Frame from Panel(パネルからフレームを削除)キーボードショートカットを使用してパネルの尺を微調整することもできます。

レイヤーをアニメーション化する

デフォルトではStoryboard Proのレイヤーは静的ですがアニメーション化が可能です。

レイヤーをアニメーション化するには、タイムラインの2つの異なるフレームで異なる位置、角度またはサイズに設定し、その後その2つのフレーム間にある各フレームについてレイヤーの位置、角度、サイズをStoryboard Proで計算します。 アニメーションの最初と最後のフレームはキーフレームと呼ばれます。

レイヤーをアニメーション化するにはそのレイヤーでアニメーションを有効化します。これにより、現在のフレームの現在の位置でキーフレームが作成されます。 そこから別のフレームに移動して位置を変更します。現在のフレームに別のキーフレームが自動的に作成されます。 この時点で最初の位置から動かしたばかりの位置までレイヤーはすでにアニメ化されています。

カメラをアニメーション化する

シーンでカメラ動作を作成するには、まず2つ以上のカメラキーフレームを作成し、次に各キーフレームでカメラ位置を設定する必要があります。 Storyboard Proにより、2つのキーフレーム間の各フレームでカメラ位置が補間されます。

トランジションを追加する

トランジションは2つのシーン間に追加できるアニメーション化されたエフェクトで、ディゾルブやエッジワイプのように1つのシーンから次のシーンに徐々に移動します。 トランジションを追加すると、シーン間のペースを微調整したりストーリー設定の変更を明示したりするのに有効です。

サウンドを追加する

サウンドクリップをインポートする

プロジェクトのタイムラインでオーディオトラックにサウンドファイルをインポートできます。 アニマティックのアクションにタイミングが合うようにサウンドクリップを挿入・編集できます。 デフォルトではプロジェクトのオーディオトラックは1つですが、必要に応じてオーディオトラックをさらに追加できます。

オーディオトラックを追加する

複数のサウンドクリップを同時に再生する必要がある場合、プロジェクトにさらにオーディオトラックを追加して、タイムラインの同じエリアに複数のサウンドクリップを挿入できるようにする必要があります。

画像とビデオを追加する

デフォルトでは、Storyboard Proプロジェクトを作成した際にアニマティックのビジュアルを含む唯一のトラックは絵コンテトラックです。 ただし、プロジェクトにビデオトラックを追加することもできます。このビデオトラックには静止画やビデオファイルを含めることができ、アニマティックの上または下に表示されます。 参照画像やビデオを使用する必要がある場合や、複数のパネルやシーンにまたがるロゴや背景などのエレメントがある場合、あるいはオープニングシーケンス、クレジットシーケンス、実写映像などのビデオをアニマティックに挿入する場合に便利です。

メモ: パネルのレイヤーとは逆に、ビデオトラックのクリップは複数のパネルを越えて拡張することができ、カメラ動作の影響を受けません。

画像またはビデオクリップをインポートする

デフォルトではプロジェクトにビデオトラックがないため、まず新規ビデオトラックに画像またはビデオをインポートします。

ビデオトラックを追加する

オーディオトラックと同じように、プロジェクトに複数のビデオトラックを追加してクリップを重ねることができます。