プロジェクトのエクスポート方法

絵コンテまたはアニマティックが完成したら、エクスポートして制作の次のステージへと進めることができます。

トップメニューのFile(ファイル) > Export(エクスポート)メニューを見ると、プロジェクトをエクスポートする方法が複数あることが分かります。 この章では、一般的に使用される3種類のエクスポートを紹介します。

  • PDF: 絵コンテをPortable Document File (.pdf)としてエクスポートすることで、セルスタイルのアニメーション絵コンテを含むドキュメントが作成されます。各パネルは時系列で表示され、シーンとパネル番号およびキャプションが付きます。 この形式は印刷やデジタル共有が可能で、参照用に、または営業用資料として使用できます。
  • ムービー: アニマティックをムービーとしてエクスポートすることで、プロジェクトの共同作業者とアニマティックを共有し、サードパーティのソフトウェアにインポートできます。
  • Harmony: アニマティックの各シーンを別々のToon Boom Harmonyのシーンにエクスポートできます。シーンにはパネルが挿入され、アニメーションを作成する際の参照用に使用できます。 Storyboard Proでアニメーションを作成する場合、これによって絵コンテステージからアニメーションまで制作を迅速に進めることができます。

PDFをエクスポートする

PDFをエクスポートすることでセルアニメーション絵コンテが作成され、シーンとパネル番号およびキャプションとともにパネルが表示されます。

メモ: PDFファイルを表示するにはAdobe ReaderなどのPDFリーダーが必要です。PDFリーダーはこちらのページからダウンロードできます: https://get.adobe.com/reader/

ムービーをエクスポートする

絵コンテとアニマティックを作成後、ムービーファイルとしてエクスポートしてプロジェクトの共同作業者と共有したり、サードパーティのソフトウェアにインポートしたりできます。 アニマティックをオーディオ付きのビデオファイルや画像ファイルのシーケンスとしてエクスポートできます。画像ファイルのシーケンスはHarmonyやサードパーティのソフトウェアで組み立てることができます。

Harmonyにエクスポートする

Storyboard Proではプロジェクトの各シーンをHarmonyで開けるシーンに自動的にエクスポートできるため、アニマティックを使用してアニメーションの作成とタイミング調整が行えます。 作成したHarmonyシーンはStoryboard Proプロジェクトのシーンと同じ長さになります。アニメーション化を行えるようにシーンにはパネルがそれぞれ含まれます。さらにアニマティックのサウンドトラックの各パートが含まれます。