スタートガイド > アニマティックの作成方法

アニマティックの作成方法

アニマティックは、サウンド、カメラの動き、アニメーション、およびシーンの切り替えを追加する絵コンテの次のステップです。Storyboard Pro には、最終ビデオフォーマットにエクスポートする前に、絵コンテをサウンドと同期させたり、カメラ/レイヤーの動きやトランジションを追加するのに必要なすべてのツールがあります。

タイムラインビューについて

タイムラインビューでは、シーンのビジュアルとサウンドのタイミングを組み立てます。サウンドトラックレイヤーを追加したり、サウンドトラックにインポートされたオーディオファイルを編集したりすることができます。トランジションを追加して、選択したパネルまたは絵コンテ全体の再生をこのビューから制御することもできます。

1 現在のタイムコード(再生ヘッドの位置)がタイムラインビューの左上隅に表示されます。プロジェクトの尺の合計が現在のタイムコードで表示されます。タイムコードをクリックしてドラッグすると、プロジェクトをスクロールできます。
2 さまざまなアクト名と始まりは、タイムラインビューの上部に小さなフラグで示されます。

3

シーケンスは、青色のバーとして表示されます。

4

シーンは、パネルの上下にグレーのフレームで表されます。

5

各パネルでは、サムネールが表示されます。

6

カメラの動きは、カメラトラックでは黒いバーとして表示され、キーフレームでは、青いひし形(選択時)として表示されます。

7

シーンの下にオーディオのブロックが表示されます。

8

現在のシーケンス/シーン/パネル名が、パネル行の先頭に表示されます。

9

トランジションはシーン間に青い四角で表示されます。

10

レイヤーの移動は、レイヤートラックで黒いバー/青いひし形(選択されている場合)でキーフレームとして表示されます。

11

サウンドトラック名と、ミュートとロックのアイコンがオーディオ行の先頭に表示されます。

12

オーディオを操作するサウンドのオプションがあります。

13

ズームツールを使用すると、タイムラインビューのフレーム幅が拡大/縮小されます。スライダを右に動かすと幅が大きくなり、左に移動するとスライダが小さくなります。1 と 2 も押すことができます。ズームをリセットするには、「ズームのリセット」 ボタンをクリックします。

パネルの尺の設定

パネルの尺を正確に設定するには、パネルビューを使用します。パネルビューには、選択したパネルの正確なタイムコード情報が表示されます。 Storyboard Pro メニューのパネルに、「パネルを追加する」コマンドと「パネルからフレームを削除」コマンドを使用して、選択したパネルの長さをフレームごとに調整することもできます。

レイヤーをアニメーション化する

デフォルトでは、レイヤーはアニメートされません。レイヤーをアニメーション化するには、目的の位置にキーフレームを設定することによって開始します。レイヤーを移動し、アニメーションに必要な多くのキーフレームを設定する変換ツールを使用することができます。タイムラインビューの、レイヤートラックコントロールを使用して、キーフレームとタイミングを編集できます。

レイヤーからキーフレームを削除する場合は、アニメートボタンをクリックして、すべてのレイヤーをクリアすることができます。クリアされると、キーフレームはクリアされ、レイヤーは現在のフレームの位置に残ります。

カメラのアニメーション化

シーンのアニメーションカメラを作成するには、少なくとも2つのキーフレームが必要です。移動する予定がある場合は、カメラの位置を変更する前にこれらのキーフレームを作成します。

注: ステージビューでカメララベルを有効にすると、キーフレームを操作するときに非常に役立ちます。これは、ステージビューのステータスバーから行うことができます。

サウンドの追加

プロジェクトに新しいオーディオ トラックを追加できます。これを行うには、タイムラインビューで作業する必要があります—参照 サウンドクリップのインポート.

サウンドクリップのインポート

まず サウンドクリップ (.wav、.aif、.aiff、または.mp3)を、最初のフレーム、または現在のフレームのオーディオトラックにインポートします。サウンドクリップが、プロジェクトにまだ存在しない場合は、 Storyboard Pro は、現在の場所から絵コンテプロジェクトフォルダー内のオーディオフォルダーにファイルをコピーします。タイムラインビューで作業する必要があります。MP3 ファイルは、圧縮ファイル形式であるため、長いシーケンスには推奨されません。最適な結果を得るには、長いシーケンスでの作業時に .wav または .aif のサウンドファイルを使用します。

トランジションの作成

シーン間にトランジションを追加すると、ストーリーを移動させるのに効果的です。