はじめに > 描画とペイント

描画とペイントの方法

描画方法

Storyboard Proで新規プロジェクトを作成する場合、描画ツールの1つを自由に使用して、選択したパネルですぐに描画を開始できます。

メモ: スケッチの背後にフラットカラーのマットを追加して描画をホワイトアウトするには、Generating Auto-Matte Layersを参照してください。

ペイント方法

描画をペイントして、より洗練された見た目にすることもできます。 キャラクターとプロップをカラースキームでペイントしたり、アウトラインが背景と混ざらないようにホワイトだけでフィルすることができます。

アートスタイル、描画ツール、レイヤータイプについて

ベクターレイヤーでは、鉛筆線、ベクターブラシ、テクスチャー付きビットマップブラシで描画することができます。 鉛筆線が単にStoryboard Proによって厚みが加えられたベクター中心線であるのに対して、ブラシストロークは1色でフィルされたソリッドベクターシェイプです。またテクスチャー付きブラシストロークは標準ブラシストロークで、色をフィルターアウトするビットマップテクスチャーでフィルされています。

ビットマップレイヤーでは、ソリッドまたはテクスチャー付きビットマップブラシでのみ描画できます。 そのため、アートワークのパーツを容易に操作・調整できるベクターレイヤーは柔軟性が高く、より多くのアートスタイルに対応できます。

ただし、ベクターレイヤーでテクスチャー付きブラシを使用する場合、ブラシストロークにはビットマップテクスチャーが付きます。 つまり、ビットマップレイヤーのアートワークと同様に、テクスチャー付きブラシストロークの調整またはサイズ変更を行うには、Storyboard Proによるテクスチャーの再サンプルが必要となります。このため、描画を開始する前にテクスチャー解像度を十分に向上させない場合、画質が損なわれる傾向があります。

ベクター描画でテクスチャー付きブラシを使用する際は、ビットマップ描画が常に単一のフラットなキャンバスからなるのに対して、ベクターブラシストロークは別々のオブジェクトとして保持されるという点に注意してください。 つまり、ベクター描画に多くのテクスチャー付きブラシストロークを置いた場合、Storyboard Proが各ストロークのテクスチャーを保存し、リアルタイムでまとめて合成して描画を表示する必要があるのです。 これによってテクスチャーの重いベクター描画では、アプリケーションパフォーマンスとファイルサイズがビットマップ描画よりも大きくなります。 ただし、ベクター描画がビットマップ描画より重くなることがあるのは、このケースのみです。

メモ: アートワークをフラット化しても、異なる色のテクスチャー付きブラシストロークはベクターレイヤー上でまとめてフラット化されません。

次の表では、Storyboard Proで利用できるさまざまな描画手法を比較しています。

描画ツール レイヤータイプ  
鉛筆 ベクター

メリット: 非常に軽く、調整が容易。 操作、再彩色、調整が中心線で可能。 品質を損なわずにズームインや拡大が可能。

デメリット: テクスチャーをサポートしていない。 透明度に最適化されていない。

推奨用途: スケッチ、またはソリッドで均一なアウトラインスタイルによるはっきりした描画。

ソリッドベクターブラシ ベクター

メリット: ファイルサイズが小さい。 セルアニメーションスタイルを再現。 操作、再彩色、編集が輪郭または中心線で可能。 品質を損なわずにズームインや拡大が可能。

デメリット: メディアの自然な見た目を再現できない。

推奨用途: スケッチ、またははっきりしたセルアニメーションスタイルの描画。

テクスチャー付きベクターブラシ ベクター

メリット: メディアの自然な見た目を再現できる。 テクスチャー付きビットマップブラシと同等の機能を持つが、ソリッドベクターブラシのように操作、編集、再彩色できる。

デメリット: ストロークを重ねると描画のアプリケーションパフォーマンスとファイルサイズが大きくなることがある。 異なる色のストロークをまとめてフラット化できない。 アートワークの調整、拡大、ズームインにより、テクスチャー品質が損なわれる傾向がある。

推奨用途: 軽いビットマップスタイルのテクスチャー付きアートワークまたは混合スタイルのアートワーク向け。

テクスチャー付きビットマップブラシ ビットマップ

メリット: メディアの自然な見た目を再現できる。 テクスチャーの重いベクターアートワークよりパフォーマンスに優れ、ファイルサイズが小さい。 ピクセル単位で編集可能。

デメリット: ストロークは常にまとめてフラット化され、個別に修正できない。 描画または削除のみ可能。 アートワークの拡大またはズームインで画質が損なわれる傾向がある。

推奨用途: テクスチャーの重いビットマップアートワーク。