台本をインポートしてキャプションを追加する方法

絵コンテの作成は、プロジェクト用の台本の執筆から始まります。 Storyboard Proでは、プロジェクトに台本をインポートできます。 その後、対応する絵コンテパネルに台本の各パートを保存し、パネルの描画に必要な情報を絵コンテアーティストに提供できます。

デフォルトではパネルごとに4種類のキャプション(ダイアログ、アクションメモ、スラッギング、メモ)を保存できます。 ダイアログとアクションメモは台本から直接供給できます。メモを使用することでシーンタイトルやトランジション、その他の有益な情報を保存できます。

スラッギングのキャプションは通常、絵コンテの作成中に後で追加され、アニマティックのダイアログとアクションに関するタイミングの目安となります。

台本をインポートする

台本はStoryboard(絵コンテ)ビューのScript(台本)フィールドにプレーンテキスト(.txt)、リッチテキストフォーマット(.rtf)またはFinal Draft XML (.fdx)で直接インポートできます。 エディターからのコピー&ペーストやStoryboard(絵コンテ)ビューへの直接入力も可能です。

キャプションを追加する

台本をインポートしたら、台本のシーンタイトル、アクション、ダイアログに基づいて空のシーンとパネルを作成し、次に絵コンテの各パネルのキャプションフィールドに台本の情報をフィルすることで、絵コンテの基本構造を作成できます。

Storyboard(絵コンテ)ビューで台本から抜粋を選択し、次にそれをPanel(パネル)ビューのキャプションフィールドにドラッグ&ドロップすることで、選択したテキストを現在のパネルのキャプションフィールドにすぐにコピーできます。

メモ: シーンとパネルの作成方法について詳しくはシーンとパネルの追加方法を参照してください。

Final Draft台本からプロジェクトを作成する

台本がFinal Draftで執筆されている場合、シーン、空のパネル、事前フィル済みキャプションを備えたプロジェクトを、台本の構造に基づいて自動的に生成できます。 例えば、シーンタイトルごとの新規シーンとアクションまたはダイアログごとの新規パネルを備えたプロジェクトを生成し、これらのパラグラフの内容をパネルのキャプションフィールドに保存することができます。これにより、絵コンテプロセスに弾みがつきます。