リリースノート > Storyboard Pro 5

Toon Boom Storyboard Pro 5

 

Toon Boom Storyboard Pro 5の新しい機能、変更、および改善点は次のとおりです

機能

Storyboard Pro 5は以前のバージョンと下位互換性があります。これは、以前のバージョンで作成されたプロジェクトを Storyboard Pro 5で開くことができることを意味します。ただし、Storyboard Pro 5ではプロジェクトファイル形式が変更されています。 この新しいバージョンで保存されたプロジェクトは、以前のバージョンでは開くことができません。

3D

機能 説明

3D表面にスナップ

レイヤートランスフォーム(変形)ツールの新しいオプションは、変更が何であっても、モデルが表面との接触を維持できるようにします。これにより、ショットをブロックする時間が大幅に短縮され、2Dアートワークでも機能します—参照 サーフェスまたはグランドへのスナップ.

グラウンドにスナップ

レイヤー変換ツールの新しいオプションを使用すると、レイヤーをそのすぐ下の表面にスナップすることができます。レイヤーの角度が保持され、レイヤーの最下点が表面にコネクトします—参照 サーフェスまたはグランドへのスナップ.

表面上にレイヤーを作成する

カメラビューで「新しいレイヤーを表面上に作成」ツールを使用すると、ホバーしている3Dオブジェクトの表面上に新しいベクターまたはビットマップレイヤーを作成できます。新しいレイヤーは、クリックしたZ深度のポイントに配置されます—参照 3Dオブジェクトの表面上に2Dレイヤーを作成する.

ナビゲーション

3ボタンのマウス操作では、Shift + Ctrlキーを押しながら左、中央、右のマウスボタンを使用してステージビューをすばやく移動できます—参照 3D 空間の移動.

3Dナビゲーションと 3D飛行ナビゲーションは、マウスボタン/マウスホイール/矢印キーを使用して、ステージビューで3Dシーンをナビゲートするための新しいツールです。これらのツールはツールバーから利用できます—参照 3D 空間の移動.

3Dインポート形式

Storyboard Pro では3D形式をプロジェクトの3Dエレメントとしてインポートできるようになりました。新しいフォーマットは、二つつの一般的なデータ交換フォーマットです。Collada(.dae)とAlembic(.abc)。

サイズツールの更新

新しいサイズ維持ツールを使用すると、エレメントの視覚スケールのサイズを、サイドビューまたはトップビューでZ軸方向に移動しながら保持することができます。Z軸上で描画レイヤーを移動すると、それらのレイヤーはカメラのサイズを保持するように拡大/縮小されます。このツールはツールバーから利用できます—参照 エレメントのサイズの維持.

3Dオブジェクトスケーリング

インポートの前に3Dオブジェクトの倍率を設定すると、ワークフローがより効率的になります。インポートする3Dオブジェクトの数と、3Dアプリケーションを作成するために使用した3Dオブジェクトの数に応じて、2つの場所でスケールファクタを設定できます—参照 スケール因数の決定.

サブオブジェクトをアニメートする

シーンに3Dオブジェクトを追加した後、オブジェクトの一部をアニメートすることができます。サブオブジェクトと呼びます。 —参照 3Dオブジェクトのアニメーション化.

FBX変換オプション

3Dオブジェクトを読み込むときは、3Dファイルを直接ファイル形式に変換して保存するという新しいオプションがあります。次回にシーンを読み込んだときに、 Storyboard Pro がそれらを元に戻す必要がないので、より速くなります。これにより、複数の3Dファイル(相対パスを持つ)が一つのファイルに格納されてロードされる状況で、ワークフローが改善されます。

3Dオブジェクトのウォッシュ表示

3Dオブジェクトを使って作業する場合、ウォッシュされた色でレイヤーを表示できます。これにより、複数の3Dオブジェクトをより簡単に扱うことができます—参照 3Dオブジェクトの表示.

レイヤー

機能 説明

ステージビュー/レイヤービューのレイヤーリスト

ステージビューと、レイヤービューのレイヤーリストが再設計されました—参照 レイヤービュー.

レイヤーのグループ化

レイヤーをグループ化して作業を整理し、レイヤーのリストを整理した状態に保つことができます。選択したレイヤーをグループ化したり、空のグループレイヤーを作成したり、レイヤーを追加することができます—参照 レイヤーのグループ化.

レイヤーのアニメーション化

開始フレームと終了フレームだけでなく、複数のキーフレームを使用して2Dレイヤーをアニメートできるようになりました。レイヤーを選択したら、新しいアニメートボタンをアクティブにし、レイヤートランスフォームツールを使用してエレメントを移動し、キーフレームを設定します—参照 モーションについて レイヤーをアニメーション化する.

描画

機能 説明

描画の共有

複数のパネルにまたがる描画がある場合、描画を共有(リンク)することができます。このようにして、描画のいずれかの変更は、他のすべてのインスタンスに影響し、絵コンテを管理および制作する際の効率が向上します—参照 描画の共有.

カスタマイズ可能なヒント

新しいカスタマイズ可能なビットマップ描画ツールのヒントを使用すると、チップの真円度、硬度、角度を変更したり、ランダム性を追加することができます。

ペイントツール

ペイントツールは、ラスター(ビットマップ)レイヤーで使用できるようになりました。

モーション

機能 説明
機能エディタビュー

この新しいビューでは、機能カーブとパラメータを編集できます。これには、キーフレームの追加、削除、および編集、および速度の調整に関する視覚的なグラフが含まれています。関数エディタビューでは、複数の関数をリファレンスとして、バックグラウンドで表示できます—参照  関数グラフビュー.

エクスポート

機能 説明

QuickTimeにエクスポートする

QuickTimeにエクスポートする際の、デフォルトのコーデックはH.264です。これは Mac OS X によってネイティブにサポートされています。

Flix にエクスポートします。

Storyboard Pro からFlixへのエクスポートを合理化するための新しいオプションと機能が追加されました。

Flixに「プロジェクトのエクスポート」ダイアログボックスを表示し、資産データベースを更新します。Flixはコンピュータにインストールする必要があります。
Flixからプロジェクトを直接開いてプロジェクトのパネルを選択する機能。
ボタンのタッチでFlixにエクスポートするスクリプト—参照 構造のためのエクスポート構造のためのエクスポート.

コンフォメーション

XMLコンフォメーションの改善

リッチテキスト形式でエクスポートするオプションを使用して、キャプションをXMLのメタデータとしてエクスポートする新しいオプション。
プロセスキャプションと呼ばれるキャプションに合致するように、XMLを適合させる場合の新しいオプション。このオプションは、「プロジェクトのインポート」ウィンドウで使用できます。
コンフォメーション> プロジェクトをエクスポートを使用してXMLにエクスポートするときに、エクスポートされたXMLの名前を指定できるようになりました。
日本語 PDF プロファイル

代替日本語フォーマットと呼ばれる、PDFへのエクスポートのための新しいプロファイルが利用可能です。

その他

機能 説明
Qtアプリケーションのスクリプティング Qtアプリケーションスクリプティングにより、資産をより効率的に管理できます。手動タスクを自動化するスクリプトを作成したり、すばやくアクセスできる新しいツールを作成することができます—参照 スクリプトについて .

23.976 NDF タイムコード

タイムラインで23.976のNDFタイムコードをサポートすることで、アニマティクスを Storyboard Pro から編集スイートにシームレスに転送できます。このフレームレートを使用して、EDL、AAF、およびXMLを使用して、パネル、サウンド、トランジション、タイミングを含むアニマティックスとタイムラインを直接編集スイートにエクスポートすることができます。

このフレームレートは、ここで利用できます:

プロジェクトのプロパティダイアログボックス(「プロジェクト解決」タブ)
ようこそ画面(カメラサイズ、HDTV_1080p23.976)
ズームタイムライン 新しいズームツールを使用すると、タイムラインビューでフレームの幅を増減できます。ズームツールは、タイムラインビューの左下にあります。

変更と改善

機能 説明

ダークスタイルインタフェース

Storyboard Pro はデフォルトで暗いテーマに設定されました。「環境設定」ダイアログボックス(「グローバルUI」タブ)でライトテーマに切り替えることができます。

用語

3D ノードビューの名前が 3D スケマティック に変更されました。

ノード という用語は サブオブジェクト に変更されました。

環境設定ダイアログボックス

新しいタブ:カラー という新しいタブがあります。グローバルUIタブから転送されたカラー設定が含まれています。

一般タブ:

(新規)デフォルトのレイヤーアライメント:レイヤーの作成時に使用されるデフォルトの配置を設定します。
3 D の実験的な機能オプションは削除されました。

「詳細設定」タブ:フルシーンのアンチエイリアシングでは、デフォルトのサンプル数が4に設定されるようになりました。このオプションは、デフォルトで有効になっています。

レイヤー

最初と最後のフレーム変換ツールはレイヤー変換ツールに置き換えられました。

レイヤーをカメラと整列させる際、レイヤーを整列しないように設定するか、ピンをカメラに向けると、動作が変更されます—参照 2Dレイヤーをカメラに合わせる.

ビットマップ描画ツール

改良されたラスタ(ビットマップ)描画ツール—参照 ブラシツールのプロパティビットマップブラシを使用した描画.

ナビゲーションツールバー

パネルの最初と最後のフレームに移動しやすくするため、ナビゲーションツールバーがデフォルトで Storyboard Pro のワークスペースに表示され、二つのツールが含まれています。最初のフレームと最後のフレーム—参照 ナビゲーションツールバー.

カメラの動き

カメラツールを使用するときは、カメラをX軸とY軸で回転させ、カメラの中心をX、Y、またはZ軸上にドラッグして移動させることができます—参照 カメラの位置決め.

コンフォメーション
FCPまたはPremiere Proでネストが作成されると、確認プロセスが改善されました。
FCP / Premiere Proで追加されたイメージをインポートする際に、XMLを適合させるときに(正しくフレーム化されていない状態)いくつかの問題が修正されました。
PSDイメージ形式のXMLにエクスポートするときに、レイヤーを含むPSDへのエクスポートを改善しました。レイヤーの数は、現在平坦化されずに維持されます。