リリースノート > Storyboard Pro 5.5

Toon Boom Storyboard Pro 5.5

以下では、Toon Boom Storyboard Pro 5.5に含まれる新機能、変更点、および改善点について説明します。

描画と、描画ツール

描画ガイド

描画時に役立つバニシングポイントとガイド。ガイドは、ガイドビューから追加して管理することができます。参照 描画ガイドについて.

パースツール パースツールは、テクスチャ付きのベクトル描画で動作するようになりました。 参照 パースツールを使用して描画をデフォーム(変形)する.
描画を修正するときにパースを投影する、パースツールを改善しました。
オートマットの生成 選択したレイヤーのマットを自動的に生成するコマンド。 参照 自動マットレイヤーの生成.
放射状ズームブラー

ビットマップレイヤーで使用できる新しいタイプのぼかしです。 参照 レイヤーのぼかし.

方向ブラー(ぼかし) ビットマップレイヤーで使用できる新しいタイプのぼかしです。参照 レイヤーのぼかし.

ブラシツール 最大のブラシサイズが、500から1600に増加しました。

エクスポート

コンフォメーション プロジェクトの書き出しコマンドで、AAF形式がサポートされ、Avid Media Composerから Storyboard Pro への変更が可能になりました。
エクスポートプロジェクトダイアログボックス内の、「レンダリングエリアをシーンカメラに展開」が新しく加わったオプションです。これは、シーンのすべてのパネル上でカメラがカバーするエレメントを使用し、パネルをレンダリングします。
AAFエクスポート ステレオトラックは、AAFにエクスポートする際に、二つのモノラルオーディオトラックではなく、単一のステレオトラックとしてエクスポートされます。
キャプション キャプションのテキストは、ビットマップ、ムービー、EDL、AAF、およびXMLにエクスポートするときにオーバーレイとして、レンダリングできます。これは、エクスポートダイアログボックスのキャプションタブから行います。
ビットマップエクスポート PNGは、ビットマップにエクスポートするときに、エクスポート形式として使用できるようになりました。
ビットマップエクスポートダイアログボックス内の、「レンダーエリアをシーンカメラに展開」という新しいオプションが加わりました。これは、シーンのすべてのパネルでカメラがカバーするエレメントを使用し、パネルをレンダリングするために使用されます。
シーンをフリップ シーン内のすべてのパネルを反転させる新しい機能です。参照 シーンをフリップさせる.
PDF 「スタティックカメラを是正」というオプションは、PDFをエクスポートするときに使用できるようになりました。
PDFプロファイルのエクスポートとインポートが可能になりました。 参照 カスタムPDFプロファイルのインポートとエクスポート.

サウンド編集

サウンド編集 トランジション中のオーディオクリップは、パネルの尺を変更したときのトランジションと同期します。
低音量のオーディオクリップの波形の表示を改善しました。波形は、線形関数ではなく対数関数を使用して表示されます。
最終パネルの長さを超えて、サウンドを再生出来るようにする新しいオプションが加わりました。
参照 再生メニュー.
オーディオトラックのソロモードでは、他のトラックをミュートせずにトラックを分離することができます。参照 ソロモード.

タイムライン

フレーム 選択したパネルでフレームを追加したり削除したりする新しいコマンドです。参照 パネルの尺の変更.
マーカー マーカーをタイムラインに追加できるようになりました。これらのマーカーは、ショートカットがコマンドに設定されている場合、再生中に追加できます。参照 マーカーについて.
オーディオ 複数のトラックにオーディオをコピー&ペーストすることが可能になりました。
ズーム タイムラインのズームレベルは、プロジェクトの長さに適応します。ズームアウトしてタイムライン全体を見ることができます。
ボリューム ボリュームキーフレームは、オーディオクリップを分割するときに保持されます。

変更と改善

環境設定 Storyboard Pro 5.5の初回起動時に、以前のバージョンの設定を移行することができます。
3Dグラフビュー

3Dスケマティックビューは、3Dグラフビューに置き換えられました。

キャプション デフォルトのフォントと、フォントサイズをキャプションに設定できるようになりました。参照 デフォルトのキャプション形式ダイアログボックス.
テレビとアクションセーフガイド TVおよびアクションセーフガイドはマスクとして表示できます。ステージビューのステータスバーのセーフエリアボタンをクリックして保持すると、表示モードを切り替えることができます。
プロジェクトの最初のフレーム/プロジェクトの最後のフレーム 「最初のパネルと最後のパネルに移動」を、「プロジェクトの最初のフレームと最後のフレームに移動」へ置換えました。
QuickTime は必須ではなくなりました。 QuickTimeはWindowsでサウンドをインポートして再生する必要がなくなりました。
QuickTimeはWindowsでムービーを作成する必要はありません。 Storyboard Pro ではWMV形式でムービーを生成できるようになりました。
Retina Retinaおよび高画素密度ディスプレイのサポート。MacOSでは、OpenGLビューはretinaディスプレイを使用しません。