リファレンス > ビュー > 上面と側面

トップビューとサイドビュー

トップビューとサイドビューは、シーンの空間を上から見たものです。ビューには、カメラが見ることができる表示領域も表示されます。

エレメントをZ軸に沿って移動すると、オブジェクトが小さくなったり、大きくなったりするように見えます。これは、パース効果のためです。つまり、カメラに近いエレメントはより大きく見え、遠くにあるエレメントは小さく見えます。このため、配置後にエレメントのサイズを変更する必要があります。

このビューに関連するタスクについては、こちらを参照下さい。 3Dワークスペースにおけるステージングについて

ステータスバー

ステータスバーは、トップおよびサイドビューの下部にあり、3Dオブジェクトの表示/レイヤー名の確認/現在のツールの識別/カラーピッカーツールへのアクセスに役立つツールが含まれています。

ステージビューには、南北(NS)、東西(EW)、前/後(FB)のオフセット位置が表示されますが、サイドビューとトップビューを使用してエレメントの位置を変更できます。

  • トップビュー:EW(東西)とFB(前/後)の位置を表示します。
  • サイドビュー:NS(南北)とFB(前/後)の位置を表示します。

エレメントの位置を変更すると、その内容全てに影響します。

これらはシーン内の2Dレイヤーなので、トップビューとサイドビュー(その側から見ているため)の線として表示されます。3Dオブジェクトをインポートすると、トップおよびサイドビューに完全な3Dオブジェクトが表示されます。