リファレンス > ビュー > タイムライン

タイムラインビュー

タイムラインビューでは、シーンのビジュアルとサウンドのタイミングを組み立てます。サウンドトラックレイヤーを追加したり、サウンドトラックにインポートされたオーディオファイルを編集したりすることができます。トランジションを追加して、選択したパネルまたは絵コンテ全体の再生をこのビューから制御することもできます。

1 現在のタイムコード(再生ヘッドの位置)がタイムラインビューの左上隅に表示されます。プロジェクトの尺の合計が現在のタイムコードで表示されます。タイムコードをクリックしてドラッグすると、プロジェクトをスクロールできます。
2 さまざまなアクト名と始まりは、タイムラインビューの上部に小さなフラグで示されます。

3

シーケンスは、青色のバーとして表示されます。

4

シーンは、パネルの上下にグレーのフレームで表されます。

5

各パネルでは、サムネールが表示されます。

6

カメラの動きは、カメラトラックでは黒いバーとして表示され、キーフレームでは、青いひし形(選択時)として表示されます。

7

シーンの下にオーディオのブロックが表示されます。

8

現在のシーケンス/シーン/パネル名が、パネル行の先頭に表示されます。

9

トランジションはシーン間に青い四角で表示されます。

10

レイヤーの移動は、レイヤートラックで黒いバー/青いひし形(選択されている場合)でキーフレームとして表示されます。

11

サウンドトラック名と、ミュートとロックのアイコンがオーディオ行の先頭に表示されます。

12

オーディオを操作するサウンドのオプションがあります。

13

ズームツールを使用すると、タイムラインビューのフレーム幅が拡大/縮小されます。スライダを右に動かすと幅が大きくなり、左に移動するとスライダが小さくなります。1 と 2 も押すことができます。ズームをリセットするには、「ズームのリセット」 ボタンをクリックします。

このビューに関連するタスクについては、こちらを参照下さい。 タイミング について