リファレンス > ビュー > レイヤー

レイヤービュー

レイヤービューは、シーンのレイヤーを重ね合わせて最終的な画像を形成する場所です。

パネルでイメージをインポートしたり、描画したりすると、実際にそのレイヤーの1つにアートワークが追加されます。デフォルトでは、背景レイヤ(BG)および前景レイヤ(A)を含む、2つのレイヤーが各パネルにあります。レイヤーを追加すると、アルファベット順に後続の文字が自動的に割り当てられますが、名前を変更することもできます。また、パネルで選択されたレイヤーがない場合は、選択したレイヤーの上または他のレイヤーの最上部に配置されます。

このビューに関連するタスクについては、こちらを参照下さい。 レイヤーについて

ツール名 アイコン 説明

選択されたレイヤー

透過性

--

選択されたレイヤーの透過性度を調整できます。

レイヤーアラインメント

--

レイヤーをカメラに合わせる—参照 2Dレイヤーをカメラに合わせる

 

アラインメントなし:レイヤーはカメラから独立しています。

レイヤーが整列なしに設定されていて、フェイスカメラに切り替えると、オフセットとスケールは保持されますが、回転は削除されます。レイヤーが「整列なし」 に設定されていて、「カメラにピン留めする」 に切り替えると、すべてのレイヤー変換がリセットされ、アニメーションが削除されます。

フェイスカメラ:このレイヤーはカメラに向くよう配置されているため、ピボットポイントを中心に回転しカメラに常に向いていますが、カメラは移動しません。

レイヤーをカメラに設定してカメラに固定すると、レイヤー変換はすべてリセットされ、アニメーションは削除されます。

レイヤーがカメラに設定されていて、アラインメントなしに切り替えると、オフセットとスケーリングが保持されます。レイヤーが現在のフレームでカメラに向くように、回転キーフレームを変更する必要があります。

カメラにピン止め: レイヤーはカメラの視点に向いています。基本的に、レイヤーは常にカメラと共に移動します。

レイヤーが「カメラに固定」に設定されていて、「整列なし」または「カメラの向き」に切り替えると、レイヤーは現在のフレームの位置にとどまります。

レイヤーが「カメラに固定」に設定されていて、「整列なし」または「カメラの向き」に設定されている場合は、レイヤー変形がカメラと組み合わされます。レイヤーは、現在のフレームの所定位置に残されます。

エクスポート

--

PDF:プロジェクトをPDFにエクスポートする際、選択したレイヤーを含めるかどうかを選択できます—参照 PDFへの書き出しについて

--

ムービー:プロジェクトをビデオファイル、または画像シーケンスにエクスポートする際、選択したレイヤーをレンダリングする可否を選択できます。—参照 ムービーの書き出しについて

--

Toon Boom:プロジェクトをToon Boom Harmonyシーンにエクスポートするときに選択したレイヤーを含めるかどうかを選択できます—参照 「 Toon Boom」へエクスポート

ベクトルレイヤーを追加

レイヤーリストに、ベクターレイヤーを追加します。

ビットマップレイヤーを追加する

レイヤーリストにビットマップレイヤーを追加します。

選択したレイヤーを複製する

選択したレイヤーを複製するので、1回の操作で簡単にコピー&ペーストできます。 レイヤーをコピーするのとは異なり、レイヤーの複数のコピーを、他のパネルに貼り付けることはできません。レイヤーをコピーするのは、1つのパネル内でのみ可能です。重複したレイヤーは名前を保持し、番号が付いています。

選択したレイヤーをグループ化する

選択したレイヤをグループ化する。グループ化されたレイヤーには Group という名前が付けられ、アンダースコアと数字が付加されます。たとえば、Group_1。グループを作成するたびに、番号が大きくなります。

選択したレイヤーを削除する

選択したレイヤーを削除します。