リファレンス > ツールバー > プレイバック(再生)

再生ツールバー

再生ツールバーを使用すると、絵コンテを再生できます。トランジションとサウンドを使用して アニマティック を作成すると、ステージビューでリアルタイムに再生してタイミングを確認することができます。 デフォルトのワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの上部にあります。

名前 アイコン 説明

アクセス

最初のフレーム

再生ヘッドを、パネルの最初のフレームに移動します。

再生 > 最初のフレーム を選択するか、 Home を押します。

最後のフレーム

再生ヘッドを、パネルの最後のフレームに移動します。

再生 > 最後のフレーム を選択するか、 End を押します。

選択範囲の最初のフレームに移動

パネル選択の最初に、再生マーカーを自動的に配置します。この選択には、1つまたは複数のパネルを指定できます。タイムラインビューでは、選択範囲の最初のパネルの最初のフレームに赤いマーカーの位置が表示されます。

--

再生の選択

選択したパネルを再生します。

再生 > 選択範囲を再生 を選択するか、 Shift+Enter を押します。

再生

絵コンテの再生を開始および停止します。

再生 > 再生 を選択します。

ループ

再生を繰り返します。

再生 > ループ を選択します。

サウンド

再生中のサウンドを有効にします。

再生 > オーディオプレイバック を選択します。

カメラ

カメラの移動とトランジションをプレビューできます。

再生 > カメラプレビュー を選択します。