リファレンス > ツールプロパティ > レイヤートランスフォーム

レイヤー変換ツールのプロパティ

レイヤー変換ツールを使用すると、選択したレイヤーの変換コントロールの表示/非表示を切り替えたり、反転、回転、平行移動、拡大縮小を行うことができます。その後、ファンクションエディタを使用して微調整することができます。

このツールに関連するタスクについては、 こちらを参照して下さい。レイヤーをアニメーション化する

アイコン ツール名 説明

レイヤートランスフォーム

トランスレートコントロールを表示

レイヤーのレイヤー変換ツールを使用するときに、ステージビューのトランスレートコントロールを表示または非表示にします。既定では、コントロールが表示されます。

回転コントロールの表示

レイヤーのレイヤー変換ツールを使用するときに、ステージビューの回転コントロールを表示または非表示にします。既定では、コントロールが表示されます。

スケールコントロールを表示する

レイヤーのレイヤー変換ツールを使用するときに、ステージビューのスケールコントロールを表示または非表示にします。既定では、コントロールが表示されます。

3d サーフェスにスナップ

2D レイヤーまたは3D モデルを3Dサーフェスにスナップし、それを操作できます。

アニメイト化したレイヤーの操作

垂直反転

選択範囲を垂直方向に反転します。

左右反転

選択範囲を水平方向に反転します。

90度右回転

選択範囲を、時計回りに90度ずつ回転します。

90度左回転

選択範囲を、反時計回りに90度ずつ回転します。

ピボットをリセット

ピボットをリセット ボタンは、現在のレイヤーのピボットポイントを、カメラフレームの中央の元の位置にリセットします。 レイヤー > ピボット > ピボットをリセット を選択します。

選択範囲の中心にピボット

デフォルトでは、ピボットはカメラフレームの中央に配置されます。このボタンを使用して、選択したレイヤーの中心に基点を設定します。 レイヤー > ピボット > 選択範囲の中心でピボット を選択します。

地面にスナップ

レイヤーを、その直下のサーフェスにスナップすることで、レイヤーの角度が保持され、レイヤーの最下点がサーフェスに接続されます。

オフセット X

X 軸に沿って選択範囲の位置を変更する値を入力できます。

オフセット Y

Y 軸に沿って選択範囲の位置を変更する値を入力できます。

選択範囲の幅を変更する値を入力できます。

高さ

選択範囲の高さを変更する為、値を入力できます。

ロック

幅と高さの値間の比率を、ロックまたは解除します。

アングル

特定の値を入力し、選択範囲を回転できます。正の値は、反時計回りに回転させ、負の値は時計回りに回転させます。

注: このフィールドは、2Dモードで作業する場合にのみ使用できます。

キーフレーム

キーフレームの追加

選択したレイヤーにキーフレームを追加します。

キーフレームのリセット

すべての位置の値を既定値にリセットします。

キーフレームの削除

選択したキーフレームをレイヤーから削除します。

前のフレーム

前のキーフレームを表示します。

次のキーフレーム

次のキーフレームを表示します。

関数エディタ

関数カーブと、パラメータを編集できる関数エディタを開きます。これは、キーフレームの追加、削除、および編集、および速度の調整のための視覚的なグラフです。関数エディタを使用すると、複数の関数をバックグラウンドで参照として表示できます。

--

イーズイン

レイヤーの動きを開始する速度を設定できます。

徐々に変化するレイヤーの動きが始まる最初のフレームの後に、イーズの尺を入力することができます。たとえば、フレーム1から10まで通常のカメラの速度にゆっくりと加速したい場合は、値10を入力します。

--

イーズアウト

レイヤーの動きが終了する速度を設定できます。

レイヤー移動の緩やかな変化が始まる最初のフレームの後に、イーズアウトの尺を入力することができます。最後のフレームの前のフレーム数を入力して、レイヤーの移動の変化を緩やかにします。

オフセット

X と Y 軸に沿ってレイヤーを配置できます。

注: このフィールドは、2Dモードで作業する場合にのみ使用できます。

スケール

選択したレイヤーを垂直および水平にスケーリングできます。

注: このフィールドは、2Dモードで作業する場合にのみ使用できます。

回転

選択したレイヤーを、時計回りと反時計回りに回転させます。

シーン/パネルの尺

---

選択したシーン、またはパネルの長さをタイムコード形式で表示します。デフォルトのパネル長さは、1秒に設定されています。