リファレンス > ツールプロパティ > 輪郭エディター

輪郭エディタツールのプロパティ

輪郭エディタを使用すると、描画のシェイプを変更できます。図形の周りにベクトル点を表示し、鉛筆線の中心ベクトル点をポイントすることで、これらの点を引っ張ったり押したりして、ブラシの線の太さを調整することができます。ポイントを選択して削除することができます。各点には、2つの点間の曲線を修正するための2つのベジェハンドルがあります。ポイント間の線分を直接引っ張ったり押したりすることで、シェイプを修正できます。中央鉛筆ライン、輪郭シェイプブラシライン、または基本的な楕円または正方形から、精巧なシェイプを作成するために使用できます。

このツールに関連するタスクはこちらを参照 輪郭エディタモードについて輪郭エディタツールによる形状(シェイプ)変更選択のスムージング