リファレンス > メニュー > メイン > ウィンドウ

ウィンドウメニュー

ウィンドウメニューでは、このようなことが可能です。 ワークスペースを、作業スタイルに合わせてカスタマイズし、新しいワークスペースとして保存し、ワークスペースツールバーからロードします。 Storyboard Pro で様々なツールバーやビューを表示/非表示することもできます

コマンド 説明

ワークスペース

ワークスペースマネージャー

ワークスペースマネージャを開き、ワークスペースの変更/作成/削除/名前の変更/順序の変更を行うことができます。

ワークスペースを保存

現在のワークスペースと変更内容を保存します。

ワークスペースを別名で保存

現在のワークスペースを新しい名前で保存します。

ワークスペース

3Dエレメント/描画/概要/PDFのレビュー/ピッチモード/タイムライン/水平および垂直ビューを操作するために、特別に設計されたワークスペースを開くことができます。
ツールバー これらのツールバーを表示または非表示することができます:サイドビュー/ワークスペース/座標/オニオンスキン/再生/スクリプト/ツールプリセットを表示、非表示にすることができます。

3Dスケマティック

3Dスケマティックビューを表示/非表示にします。

関数グラフ

関数グラフビューを表示/非表示にします。

カメラビュー

カメラビューを表示/非表示にする

カラー

カメラビューを表示/非表示にする

レイヤー

レイヤープロパティビューを表示または非表示にします。

ライブラリ

ライブラリビューを表示/非表示にする

メッセージログ

メッセージログビューを表示/非表示にする

パネル

パネルビューを表示/非表示にする

パネルPDFオプション

パネルPDFオプションビューを表示/非表示にする

PDFエクスポート

PDFエクスポートビューを表示/非表示にする

ピッチモードビュー

ピッチモードビューを表示/非表示にする

サイドビュー

サイドビューを表示/非表示にする

Storyboard Pro ビュー

Storyboard Pro ビューを表示/非表示にする

絵コンテ

絵コンテビューを表示/非表示にする

サムネール

サムネールビューを表示/非表示にする

タイムライン

タイムラインビューを表示/非表示にする

ツールプロパティ

ツールプロパティビューを表示/非表示にします。

トップ

トップビューを表示/非表示にする

スクリプトエディター

スクリプトエディタービューを表示/非表示にします。

既定のワークスペースを復元

現在の変更が気に入らないか、誤っていくつかのウィンドウを閉じた場合、修正された作業エリアを、元のデフォルトレイアウトに戻します。