ツール メニュー

Tools]メニューを使用すると、 Storyboard Pro で作業するために必要なすべての主要ツールにアクセスできます。

コマンド 説明

選択

カメラ ビュー からエレメントを選択できます。

カラーで選択

カラービューで選択した色で、描画または描画されたすべての描画パーツをすばやく選択できます。

輪郭エディター

ベクターライン上のポイントを追加/削除/変更し、それらをコントロールできます。

カッター

描画エリアを移動/コピー/切り取り/削除するために、切り取ることができます。

パース

描画セレクションを変形させ、その視点を変更できます。

ブラシ

あたかもペイントブラシで作成されたかのように、太くて細い線のエフェクトで輪郭形状を作成するための感圧ツール。

鉛筆

文字ノード、カットアウトパペット(人形)、クリーンなアニメーションなどの最終イメージを描画するための感圧ツール。中央のベクトル形状を作成します。

消しゴム

描画のパーツを正確に消去するための感圧式ツール。

長方形

直線を描き、編集することができます。

楕円

テキスト

様々 なフォントやテキストの属性を使用してプロジェク様々なフォントと、テキスト属性を使用してプロジェクトにテキストを入力できます。トにテキストを入力することができます。

ペイント

空っぽのエリアと、塗りつぶしエリアの両方をペイントできます。

非ペイント部分をペイント

空のゾーンのみをペイントできます。行と塗りつぶされたゾーンは変更されません。

アンペイント

空の領域と、塗りつぶされた領域の両方を未塗装にできます。

隙間閉鎖

最も近い2つの点の間に、小さな目に見えないストロークを作成することで、描画の小さな隙間を閉じることができます。

グラデーション/テクスチャーの編集

特定のゾーン内のグラデーションまたは。テクスチャの色の位置を変更できます。

スポイト

描画から直接色を選択できます。

カメラまたは ビューをパンすることができます。

ズーム

描画またはカメラのビューを、拡大/縮小することができます。

回転ビュー

実際のアニメーションディスクと同じように、描画またはカメラビューを回転させることができます。パースビューでも使用できます。

3Dナビゲーション

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

3d フライングナビゲーション

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

配置

最前面へ移動

選択したアートを前面(上)に移動します。

前面へ移動

選択したアートを、1レベル前に移動します(正面に近づける)。

背面に移動

選択したアートを1レベル下 (後ろ) に移動します。

最背面に移動

選択したアートをすべて (下/後ろ) の背後に移動します。

トランスフォーム(変形)

左右反転

現在の選択範囲を水平方向に反転します。

垂直反転

現在の選択範囲を垂直方向に反転します。

90度右回転

現在の選択範囲を時計回りに90度回転します。

90度左回転

現在の選択範囲を反時計回りに90度回転します。

180度回転

現在の選択範囲を180度回転します。

変換

鉛筆線をブラシストロークに

中心線のペンシルストロークを等高線ブラシストロークに変更します。

ブラシストロークを鉛筆線に

中心線(ペンシル)ストロークを等高線(ブラシ)ストロークに変更します。

ベクターレイヤーで描画する場合は、ブラシストロークを鉛筆の線に変更し、輪郭の線を中心線の鉛筆の線に変換したい場合があります。

注: ブラシから鉛筆への変換時に線の太さ情報が失われます。

ストロークを鉛筆線に

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

テキストレイヤーを分割

テキストフィールドに含まれるテキストは、単一の描画オブジェクトとして扱われます。このオプションは、各文字が個別に選択して変更できる個別の描画オブジェクトになるようにテキストを区切ります。

注: テキストが通常の描画オブジェクトに2回分割された後、描画上で消しゴムツールなどのすべての描画ツールを使用できます。テキスト上にパースペクティブツールを使用する場合は、テキストをベクターレイヤー上に作成してから別々にブレークする必要があります; すると、その上にパースペクティブツールを使用することができます。

レイヤートランスフォーム

カメラビューでレイヤーの位置、スケール、回転、スキューを調整します。

サイズの管理

レイヤーをZ軸上で移動するときにスケーリングして、カメラのサイズを保持します。

サーフェス(表面)上にレイヤーを作成

ホバリングされたサーフェスの上に新しいレイヤーを作成します。

カメラ

カメラの動きをシーンに追加したり、キーフレームを設定して時間の経過とともにアニメーションを作成したりできます。

再フレーム

 

シーン全体のパネルコンテンツの位置を設定して、定義したカメラフレームに合うようにします。

注: 再フレーム ツールを使用してカメラフレームを設定すると、元の位置にリセットすることはできません。

フラット化(平坦)

統合(マージ) 描画オブジェクトとブラシストロークを、単一のレイヤーにマージします。多くのブラシストロークで描画、または線を修正するために新しい線を描画する場合、それらをすべて単一のシェイプにまとめると便利です。 デフォルトでは、線は互いに重ねて描画されます。線を再ペイントしたり、シェイプを変更したりする場合は、線が平らになっていると簡単になります。