レイヤーメニュー

レイヤーメニューでは、レイヤーの操作、新しいレイヤーの作成、解像度の変更、および変換とピボットのリセットを行うことができます。

コマンド 説明

新規

ベクトルレイヤー

選択したパネルにベクターレイヤーまたはビットマップレイヤーを追加します。パネルにレイヤーを無制限に追加できます。

ビットマップレイヤー

グループレイヤー

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

レイヤーをコピー

描画をコピーして絵コンテの他のパネルで再利用できます。同様のオブジェクトを再描画するのではなく、新しいレイヤーにコピーした後に、描画オブジェクトと変換を変更することもできます。

レイヤーをコピーすると、新しいパネルに元のレイヤー名が保持されます。同じ名前のレイヤーがすでに存在する場合は、そのレイヤーに新しい名前を付けたり、既存のレイヤーを上書きするように求められます。

レイヤーを貼り付け

レイヤーをコピーしたら、選択したパネルにそのレイヤーのインスタンスを配置できます。コピーされたレイヤーはクリップボードに置かれ、必要に応じて数多くのインスタンスを貼り付けることができます。

レイヤーの複製

1回の操作で簡単にコピーして貼り付けることができます。レイヤーをコピーするのとは異なり、他のパネルに複数のレイヤーのコピーを貼り付けることはできません。

レイヤを複製することは、1つのパネル内でのみ可能です。複製されたレイヤーは名前を保持し、番号が付加されます。

レイヤー名を変更する

レイヤー名を変更することが出来ます。

レイヤーの削除

レイヤーを削除することが出来ます。

レイヤの透過性度の変更

レイヤーの透過性度を調整できます。

注: Toon BoomまたはFBX形式にエクスポートするときは、レイヤーの透過性はサポートされません。

ビットマップレイヤーの解像度変更

ビットマップレイヤーの解像度を変更して、プロジェクトのニーズに合わせることができます。

選択したレイヤーをマージ(結合)する

レイヤーを素早く簡単に組み合わせることができます。すべてのレイヤーがベクターレイヤーである場合、新しいレイヤーはベクターになります。選択したレイヤーがすべてビットマップの場合、結果的にレイヤーはビットマップになります。

ベクトルとビットマップが混在している場合、結果的にレイヤーはビットマップです。新しくマージ(結合)されたレイヤーは編集可能です。

レイヤーをマージ(結合)する

「レイヤーを結合」ダイアログボックスを使用し、レイヤーを結合できます。これにより、レイヤーをマージする際のコントロールが強化されます。新しいレイヤーに名前を付けたり、ベクトルレイヤーまたはビットマップレイヤーを指定したり、ソースレイヤーを選択することができます。

選択したレイヤーをグループ化する

選択したレイヤーをグループ化またはグループ解除できます。

選択したレイヤーのグループ化を解除する

ベクトルレイヤーに変換する

あるタイプのレイヤーから別のタイプのレイヤーに切り替えることができます。たとえば、ベクターレイヤーで開始した場合は、それをビットマップレイヤーまたは描画レイヤーに切り替えることができます。

注: ベクトルからビットマップに変換すると、ベクトルデータが失われるので、ベクトルに変換すると、内部にビットマップを持つベクトル領域が得られます

 

ビットマップレイヤーに変換する

描画に変換する

描画の共有

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

共有描画からリンクを解除する

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

ビットマップレイヤーをブラー(ぼかし)する

ぼかしたいレイヤーがベクターレイヤー上にある場合は、まずそれをビットマップレイヤーに変換する必要があります—参照

自動マットの生成 「オートマット」ダイアログボックスを開き、スケッチオブジェクトを塗りつぶし、オブジェクトの背後にあるものをすべて隠すことができます。選択したベクターレイヤーに「オートマットの生成」を適用すると、新しいレイヤーを作成できます。このメニューオプションは、レイヤーが選択されていない場合、またはベクトルレイヤーの場合はグレー表示されます。

配置

レイヤーを最前面に移動

選択したレイヤーを、現在のパネル内のレイヤーの一番上に移動します。

レイヤーを前面に移動

現在のパネルで選択したレイヤーを1つ上に移動します。

レイヤーを背面に移動

選択したレイヤーを現在のパネルの1つ下に移動します。

レイヤーを最背面に移動

選択したものを、現在のパネルのレイヤーの一番下に移動します。

次のレイヤーを選択する

次のレイヤーを選択します。

前のレイヤーを選択

前のレイヤーを選択できます。

レイヤーのロック/ロック解除

現在選択されているレイヤーをロックして、レイヤー上のオブジェクトが変更されないようにします。ロックされると、レイヤーのロックを解除してレイヤー上のオブジェクトを変更できます。

レイヤーの表示/非表示

多くのレイヤーを扱うときに便利なレイヤーを表示、または非表示にすることができます。

背景レイヤーを切り替える

特定のレイヤーを背景エレメントとして設定できるため、オニオンスキンに干渉出来ません。時には、作業中にオニオンスキンを特定のレイヤーに適用しないことが役立ちもします。

レイヤーをカメラに整列する

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

レイヤーの終了位置を開始位置にコピー

現在のレイヤーから最後のフレームの位置を使用し、最初のフレームの位置にペーストします。

レイヤーの開始位置を終了位置にコピー

現在のレイヤーから最初のフレームの位置を使用し、最後のフレームに貼り付けます。

レイヤモーションの拡散

同じショット内の、すべてのパネルまたは同じショット内の現在のパネルの後の、指定された数の隣接パネルに現在のレイヤーモーションを拡散できます。

新しいレイヤーが追加され、定義された範囲内で同じ名前を持たないパネルに対して、描画が複製されます。

トランスフォームをリセット

レイヤーをデフォルトの状態に戻します。

選択した3Dサブオブジェクトをリセットする

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

ピボット

ピボットをリセット

ピボットをカメラフレームの中央のデフォルト位置に戻します。

選択範囲の中心にピボット

ピボットを選択範囲の中央に配置します。

レイヤーレイアウトをデフォルトに設定する

パネルにレイヤーレイアウトを設定したら、そのパネルを選択しこのレイアウトをデフォルトのレイアウトとし保存して、新しいパネルが追加される度に使用することができます。