リファレンス > メニュー > ファイル

ファイルメニュー

「ファイル」メニューでは、ファイルの開閉、保存、最適化、インポートおよびエクスポートができます。

コマンド 説明

新規

既に開いているシーンを閉じたまま、新しいプロジェクトを作成します。新しいプロジェクト ダイアログボックスが開き、ディレクトリ、名前、および解決の情報が求められます。

Final Draftから新規

Final Draftスクリプトを使用して、新しい Storyboard Pro プロジェクトを作成します。これは、シーンやパネルの作成を処理するだけでなく、自動的に適切なキャプション内のすべてのテキストを挿入する時間を節約できます。

Harmonyシーンから新規

Harmonyシーンからプロジェクトを作成できます。これを行う前に、Harmonyでプロジェクトのパネルとして使用するフレームを、マークする必要があります。フレームは、"EM" という注釈列でマークする必要があります。マークが付けられたフレームごとに、パネルが Storyboard Pro で作成されます。フレームをマークしない場合は、各Harmonyシーンの最初のフレームが使用されます。

すべての異なるHarmonyシーンを1つのフォルダにグループ化する必要があります。 Storyboard Pro は、Harmonyシーンごとに1つのシーンを作成します。Harmonyシーンの、 注釈列に複数の EM マーカーが含まれている場合は、 Storyboard Pro では、 シーン内に多数のパネルが作成されます。

開く

プロジェクトファイルを参照できる、 「プロジェクトを開く」 ダイアログボックスが表示されます。新しいプロジェクトは現在のものから開くことができ、前のプロジェクトは終了します。

最近のファイルを開く

最近開いたプロジェクトの一覧を表示します。

クリア

最近開いたプロジェクトのリストをクリアします。

閉じる

現在開いているプロジェクトを閉じますが Storyboard Pro アプリケーションは閉じません。

保存

開いているプロジェクト、描画、パレット、パレットリストに加えたすべての変更を保存します。展開したプロジェクトで作業している場合、変更内容はローカル キャッシュに保存されます。

名前を付けて保存

現在のファイルを、別の名前と別の場所に保存します。

プロジェクトの現在の状態を、別のプロジェクトとして保存します。名前を付けて保存 ウィンドウでは、保存する前にこのプロジェクトの新しい名前と、別の場所を入力するよう求められます。これにより、新しいプロジェクトの完全なプロジェクトディレクトリが作成されます。

注: プロジェクト名は、23 文字を 超えることはできません 。より長い名前を使用するには、環境設定 ダイアログボックスで、「プロジェクト名の長さ制限を無効」オプションを選択します。

.sbpzファイルとして保存することで、プロジェクトを1つのファイルとして保存することもできます—参照プロジェクトを1つのファイルとして保存する

保存してパック

解凍したプロジェクトを保存し、元のzip形式のプロジェクトファイルに再圧縮します。—参照 プロジェクトを1つのファイルとして保存する

プロジェクトマネージメント

分割

絵コンテを2つの部分に分割します。各パーツは、別のファイルとして保存できます。プロジェクトの前半、プロジェクトの後半、またはその両方を保存することができます。また、元のプロジェクトをそのまま保持したり、元のプロジェクトからパネルを削除します。選択したパネルが分割ポイントを決定します。

抽出

絵コンテを分割します。各エクスポートは異なるファイルとして保存されます。絵コンテ全体のコピーをそのまま保存することも、プロジェクトを別々のファイルに分割することもできます。

統合(マージ)

絵コンテプロジェクトを分割または抽出して分割した後、すべてのファイルを1つのプロジェクトファイルに再構築できます。マージ(結合) コマンドを使用すると、複数のプロジェクトを1つの最終 Storyboard Pro プロジェクトにまとめることができます。

挿入

絵コンテプロジェクトを分割した後、別のプロジェクトファイルからシーンを再統合できます。

統合と置換え

プロジェクトの様々な部分が完了し、すべてをマスタープロジェクトに戻す準備ができたら、変更したシーンを簡単に結合して置き換えることができるようになります。シーンを結合および置換するには、マスタープロジェクトのコピーをそのまま保持する必要があります。

マージと、マージ/置換の違いは何ですか?プロジェクトをマージすると、2つのプロジェクトが1つに結合されます。各プロジェクトは、サムネイルとタイムラインビューで順次表示されます。マージと置換は、シーンの変更を統合してマスタープロジェクトに戻します。変更されたシーンは新しいものに置き換えられます。オプションとして、確認のために元のファイルのコピーを保持することができます。

注: プロジェクトをマージすると、マスタープロジェクトのサウンドが、パネルと同期するために移動します。サウンドは名前に基づいてパネルに従うため、シーンとパネル名をロックして、異なるシーンの抽出を配布する前に、それらを保持することが重要です。

バックアップを復元して開く

以前にバックアップしたプロジェクトのバージョンを見つけて開くことができます。

絵コンテをバックアップ

プロジェクトの圧縮バージョンを作成します。作業をバックアップすることで、破損したファイルに対するセーフティネットが提供され、プロダクションの以前の段階から戻って作業したい場合に備えて、プロジェクトの複数のバージョンを異なる段階で使用できます。

プロジェクトを最適化

プロジェクトの最適化 ダイアログボックスが開き、未使用のエレメントを削除したり、すべての描画を平坦化したり、プロジェクトのテクスチャ解像度を縮小したりできます。これにより、プロジェクトのファイルサイズが縮小され、プロジェクトで作業できる速度が向上します。

最適化された描画の作成

Storyboard Pro で再生オプションを使用する場合、ソフトウェアは全ての描画ストロークから作成されるファイル形式* .tvgs(Toon Boomベクトルグラフィックス)のポジションを算出する必要があります。この計算は、再生速度を遅くする傾向があります。しかし、この問題を回避する方法もあります。

2番目のファイル形式* .tvgo(Toon Boomベクトルグラフィック最適化)で、すべてのピクセル位置情報があらかじめ計算されています。これらの描画を使用すると、再生が大幅に高速化されます—参照 高度な設定.

すべてのサムネールを再生成

サムネールビューで、最新のサムネイルを取得できます。描画すると、一連の小さな画像 (サムネイル) が生成されます。これらのサムネイルは、環境設定 ダイアログボックス (詳細設定 タブの 「サムネール更新前の遅延」 パラメータ) で指定した更新期間に基づいて自動的に更新されます。

サムネイルはすぐに更新できます。これにより、サムネールとタイムラインビューでキャッシュされた、すべてのサムネールが取り除かれ、新しいサムネールが強制的に再生成します。

インポート

画像をシーンとして

1つまたは複数の画像をインポートし、それぞれに新しいシーンを自動的に作成させます。これは、背景やスキャンした絵コンテなど、追加したいビットマップイメージがある場合に便利です。

サポートされている画像形式は:.bmp、.jpg、.omf、.opt、.pal、.png、.psd、.scan、.sgi、.tga、.tif、.tvg、.yuvです。

レイヤーをシーンとして

シーンを構築するときに、背景やオーバーレイのビットマップイメージを使用することができます。また、作成するベクトル描画の参照として、イメージをインポートすることもできます。

Storyboard Pro を使用すると、様々なビットマップ形式(.jpe、.jpeg、.jpg、.opt、.pal、.png、.psd、.omf、.scan、.sgi、.tga、.tvg、.yuv )を使用して、ベクトルアニメーション化されたコンテンツと組み合わせ、豊かでユニークなグラフィックススタイルを作成できます。

1つの画像(または同じフォルダにある複数の画像)を新しいレイヤーにインポートすることができます。

重要: Storyboard Pro では、8ビットCMYKまたは16ビットRGBまたはCMYK形式の.psdファイルのインポートはサポートされていません。現在、8ビットRGBA形式の.psdファイルのみをインポートできます。

サウンドファイル

サウンドクリップ (.aif、.aiff、mp3、および .wav) を最初のフレーム、現在のフレームでオーディオ トラックにインポートできます。サウンドクリップが、プロジェクトにまだ存在しない場合は、 Storyboard Pro は、現在の場所から絵コンテプロジェクトフォルダー内のオーディオフォルダーにファイルをコピーします。タイムラインビューで作業する必要があります。

サウンドの録音

Storyboard Pro らサウンドを直接録音し、タイムラインビューに挿入します。

エクスポート

ビットマップ

絵コンテプロジェクトを.psd(別々のレイヤー)、.tga、.jpg、または.png形式のビットマップファイルにエクスポートすることができます。絵コンテの各パネルに、別々のビットマップファイルがエクスポートされます。.psdファイルをエクスポートする際、アニメーションとトランジションは書き出されませんが、カメラの動きは独立したレイヤーにレンダリングされます。.psdファイルの場合、トランスフォームアニメーションとトランジションアニメーションはエクスポートされません。ただし、カメラの動きは独立したレイヤーにレンダリングされます。

レイアウト

シーンをレイアウトイメージにエクスポートし、アニメーションシーンを設定したり、シーンのレイアウトやカメラの動きに基づいて背景アートを作成したりすることができます。レイアウトイメージは、「すべてのレイヤーを結合してレンダリングする」か、「レイヤーごとに1つのイメージでレンダリングする」ことができ、オプションでカメラフレームとムーブメントを含めることもできます。レイアウトは.psd(別々のレイヤー)、.tga、.jpg、または.png形式でエクスポートできます。

現在の画像

現在のフレームを.jpeg、.psd、.tga、または.pngイメージにエクスポートすることができます。.psdファイルには、レイヤー名で名前が付けられたパネル内の各レイヤーが含まれます。

注: キャプションやカメラフレームは、イメージファイルにエクスポートされません。

CSV

絵コンテプロジェクトのデータを、コンマ区切り値(.csv)ファイル形式で表示します。このデータは、Microsoft Excelなどのコンマ区切り値ファイルをサポートする、すべてのアプリケーションで表示できます。Microsoft Excelがインストールされていない場合は、.csvファイルをコンピュータに保存し、そのファイルを別のアプリケーションで開くことができます。

EDL/AAF/XML

絵コンテが完成したら、Non-linear Editing(NLE)システムに送信し、実際の編集スイートでアニメーションを完成させ、テレビで直接リターンしたり、プレエディティングマップとして使用し絵コンテのシーンを、最終的な素材(実写で撮影したもの、2Dまたは3Dソフトウェアからレンダリングしたもの)と、置き換えることができます。

絵コンテプロジェクトをエクスポートして、 Storyboard Pro, で編集したタイミング、モーション、サウンドをEDLまたはXML形式で、直接Apple Final Cut Pro 7またはAdobe Premiereに、またはAAFフォーマットを使用しAvid Xpress、Sony Vegas、またはAdobe Premiereに保存できます。

ムービー

絵コンテと アニマティック をムービーファイルとしてエクスポートし、効率的なタイミングリファレンスを簡単に共有および再生できます。ムービーファイルは、別のムービー形式 (Windows Media ビデオ、QuickTime または Flash)、およびイメージシーケンス (.jpeg, .tga または .png) でエクスポートできます。

PDF

絵コンテプロジェクトを .pdf ファイルとしてエクスポートし、後で電子的に印刷または共有することができます。これは、紙の上のトラディショナルな絵コンテを表現するために、ビジュアルを設定する方法を見つける場所です。PDF にエクスポートする際には、さまざまなオプション、設定、およびカスタマイズが可能です。

サウンドトラック

サウンドファイルを統合されたサウンドトラック、または一連の個別ファイルとしてエクスポートします。エクスポートされたサウンドトラックは*.wavファイルとして生成されます—参照 サウンドのエクスポート

Toon Boom

Harmony、Animate 2、Animate Pro 2のシーンファイルとしてアニマティックをエクスポートすることができます。絵コンテプロジェクト全体または選択したシーンをエクスポートすることができます。エクスポートが完了すると、エクスポート先のソフトウェアで開くことができます。この新しいシーンを最初に保存すると、使用したソフトウェアに応じて、エクスポートされたファイルが適切なフォーマットに変換されます。

絵コンテの以下のエレメントはToon Boomプロジェクトにエクスポートされます:

レイヤー
レイヤーモーション
カメラの動き

Toon Boomにエクスポートする前に、レイヤービューを使って特定のレイヤーの選択を解除することができます。レイヤービューで、エクスポート先セクションのToon Boomオプションの選択を解除します。このレイヤーは引き続きToon Boomにエクスポートされますが、無効になります。いつでもシンボルを入力し、再度有効にすることができます。

注: レイヤーモーションでのトランジションとホールドはサポートされていません。

FBX

絵コンテプロジェクトをFBX形式でエクスポートすることができます。これにより、モーションデータ(エレメントモーションまたはカメラの角度/ズーム)、および2Dおよび3Dエレメントをシーンに保存できます。FBXにエクスポートしたら、サードパーティの3Dアプリケーションで絵コンテエレメントを開いて、引き続き作業することができます。

これらのエレメントは、 Storyboard Pro で終了したときにのみ、FBXにエクスポートする必要があります通常、エレメントを Storyboard Pro に戻すことはできません。

構造

プロジェクトをインポートする

Storyboard Pro プロジェクトをFinal Cut Pro(Appleのサードパーティ製編集ソフトウェア)またはMedia Composer(Avidサードパーティ製編集ソフトウェア)にエクスポートできます。その後、プロジェクトを編集し、変更機能を使用し変更を Storyboard Pro プロジェクトにインポートすることができます。コンフォメーションのエクスポートでは、アニメーションプロジェクト構造全体とパネルの画像を含むXMLまたはAAFファイルが生成されます。その後、XMLをFinal Cut Proに、AAFをMedia Composerにインポートして、アニマティックを再作成することができます

選択したパネルをエクスポートする

選択したパネルのみをエクスポートすることができます。

トラックされたパネルをエクスポートする

トラックパネルのみをエクスポートすることができます。

アニマティックプロジェクトをインポートする

サードパーティ製のソフトウェアに、プロジェクトのコンフォメーション(XMLまたはAAF)をインポートして編集を完了したら、XMLまたはAAFファイルとして再度エクスポートし Storyboard Pro プロジェクトに戻す必要があります。

注: アニマティックプロジェクトをXMLまたはAAFファイル形式でエクスポートする方法については、サードパーティのソフトウェアドキュメントを参照してください。
重要: 構造が変更されたXMLまたは、AAFファイルは最初にエクスポートされた元のプロジェクトにのみインポートできます。

CSVからキャプションを更新する

プロジェクト内のキャプションを更新できます。プロジェクトから.csvシート(コンマ区切りの値)を生成する場合は、ファイルを更新して Storyboard Pro にインポートすることができます。これにより、すべてのキャプションフィールドが自動的に更新されます。まず、現在のプロジェクトからCSVを生成する必要があります。

終了

アプリケーションを閉じる