リファレンス > ダイアログ > レイヤーをマージ(結合)

レイヤーのマージ(結合) ダイアログボックス

レイヤーのマージ(結合) ダイアログボックスでは、選択したレイヤーを結合できます。

「レイヤーの結合」ダイアログボックスを使用すると、レイヤーをマージするときの制御がより多くなります。新しいレイヤーに名前を付けたり、ベクトルレイヤーまたはビットマップレイヤーを指定したり、ソースレイヤーを選択することができます。

レイヤーを結合した後は、レイヤーを編集することもできます。ただし、ソースレイヤー内で以前に定義されたモーションは失われます。レイヤーの編集を許可しない場合は、変換モーションは保持されます。たとえば、.swf ファイルを使用していて、そのレイヤーを編集する場合は、選択したレイヤーが保持されます。残りのレイヤーは、このレイヤーの一部にはなりません。

このダイアログボックスに関連するタスクは、こちらを参照 レイヤーのマージ(結合)

パラメータ 説明

新しいレイヤー

名前

新しいレイヤーの名前。

ベクトルレイヤー

マージされたレイヤーを、ベクターレイヤーにします。選択したビットマップレイヤーが、ベクトルに変換されます。

ビットマップレイヤー

マージされたレイヤーをビットマップレイヤーにします。あなたの選択にベクトルレイヤーがあった場合、それらはビットマップに変換されます。

ビットマップキャンバスサイズ

マージされたレイヤーがビットマップの場合は、ビットマップキャンバスのサイズパラメーターを設定します。 高さ、または 解像度因数 を調整します。これらの3つのパラメータはリンクされています; 1つを変更すると、他も変更されます。

幅因数と幅

キャンバスの幅をパーセントまたはピクセルで設定します。

高さ因数と高さ

パーセントまたはピクセルでキャンバスの高さを設定できます。

ビットマップピクセル密度

解像度因数

ビットマップレイヤーの解像度を設定します。

ソースレイヤ

ソースレイヤーの削除

ソースレイヤーを削除します。

不可視レイヤーの削除

不可視または非表示のレイヤーを削除します。このオプションは、ソースレイヤの削除 オプションが選択されている場合にのみ使用できます。削除するかどうかに関わらず、リストから選択した場合でも、非表示のレイヤーはマージされません。