リファレンス > ダイアログ > Toon Boomへのエクスポート

Toon Boomダイアログボックスにエクスポート

Toon Boomにエクスポートウィンドウでは、アニマティックをHarmonyシーンファイルとしてエクスポートすることができます。絵コンテプロジェクト全体、または選択したシーンをエクスポートすることができます。絵コンテプロジェクト全体、または選択したシーンをエクスポートすることができます。エクスポートが完了すると、エクスポート先のソフトウェアで開くことができます。この新しいシーンを最初に保存すると、使用したソフトウェアに応じて、エクスポートされたファイルが適切なフォーマットに変換されます。レイヤー、レイヤーモーション、カメラの動きなど、絵コンテの次のエレメントがエクスポートされます。

Toon Boom にエクスポートする前に、レイヤービューを使用して特定のレイヤーを選択解除することができます。レイヤービューで、「エクスポート先」セクションから Toon Boom オプションの選択を解除します。このレイヤーはまだ Toon Boom にエクスポートされますが、無効になります。いつでもシンボルを入力し、再度有効にすることができます。

注: レイヤーモーションのトランジションとホールドは、 Toon Boom にエクスポートオプションではサポートされていません。

レイヤービューについて、詳しくはこちらを参照して下さい。 レイヤーについて .

パラメータ 説明

保存先パス

パス

作成するXML / AAFファイルの名前と場所を指定します。

ファイルパターン

ファイル名のパターンを設定します。 デフォルトのパターンを使用するには、このフィールドを空白のままにします。

エクスポートタイプ

フォーマット

Harmony Offlineシーン、Harmony Databaseシーン、またはAnimate / Animate Proシーンにアニマティックをエクスポートする可否を選択できます。

バージョン

Harmony OfflineまたはHarmony Databaseシーンをエクスポートする際、Harmonyバージョン7.8またはHarmonyバージョン9.2以降と互換性のあるシーンをエクスポートする可否を選択できます。

エクスポートスタイル

レンダリング済みアニマティック

エクスポート 絵コンテはビットマップイメージでレンダリングされ、 Animate/Animate Pro/Harmony scene にエクスポートされます。あなたの絵コンテの各シーンに、 Animate/Animate Pro/Harmony シーンが作成されます。3Dコンテンツがあり、 Animate, Animate Pro、 またはHarmony 9.2以前にエクスポートする場合は、このオプションを使用します。また、ビットマップ描画レイヤーを使用している場合は、Harmonyにエクスポートすることもできます。

すべてのフレーム: 全ての絵コンテプロジェクトをレンダリングします。

それぞれ1つのフレーム: 指定したフレーム数ごとに、1つのフレームのみをレンダリングします。たとえば、5つのフレームごとにレンダリングするよう選択すると、5フレームごとに新しいイメージが表示され、それぞれのイメージが保持され、タイミングを維持します。

解像度: プロジェクトのレンダリングサイズを選択できます。フルサイズ、半分のサイズまたは、1/4サイズ。

1つのシーンを生成: シーンまたは、選択したシーケンスとパネルでシーンを生成します。

アニマティックを1番上に: シーケンスやアクトに基づいてシーンを生成する場合、このオプションが使用可能になります。有効にすると、アニマティックがレンダリングされHarmonyまたは Animate の最上部のレイヤーとカラムとして配置されます。

オリジナルシーン

エクスポート 絵コンテは、ベクター描画、レイヤー、カメラ設定がそのまま維持されるプロジェクトで使用できます。あなたの絵コンテの各ショットまたはシーンに対して、 Harmony/Animate シーンが作成されます。

パネルをシンボルでネスト: Harmonyまたは Animate にエクスポートすると、パネルのコンテンツはシンボル内にネストされます。ルートタイムラインに、複数のレイヤーがあるのではなく、1つのレイヤーを持つことになります。コンテンツを編集するには、シンボルを入力する必要があります。

カメラの参照レイヤーを追加: 他のレイヤーの上に様々なカメラフレームを含むレイヤーを追加し、HarmonyおよびAnimateの参照として使用します。

トランスフォームを描画に適用: 各パネルの最初と最後の位置に変換を適用します。中間のアニメーションは失われます。

エクスポート範囲タブ

すべて

絵コンテ全体をエクスポートする。

選択済みシーン

このオプションを選択し、 選択 をクリックして、エクスポートする特定のシーンを選択できる シーンピッカー ダイアログボックスを開きます。プロジェクトにシーケンスが含まれている場合は、シーケンスごとにシーンを選択することもできます。

現在のシーン

現在選択されているシーンのみをエクスポートします。

サウンド

オリジナルファイルを保持

元のサウンドファイルをすべて保持して使用します。

サウンドトラックを個別に処理

サウンドトラックごとに、1つのオーディオファイルを作成します。

すべてのサウンドトラックを結合

1つのオーディオファイルを作成し、絵コンテの全サウンドトラックからサウンドを収集します。

ファイルパターン

エクスポートされた、オーディオファイルのファイル名パターンを設定します。

サンプルレート

Khzサンプルレート値を選択します。値を大きくするほど音質は向上しますが、ファイルは重くなります。

ビット深度

オーディオファイルのビット深度を、8または16ビットに設定します。ビット値が高いほど音質は良くなりますが、ファイルは重くなります。

注: Windowsでは、オーディオはQuickTime Playerがインストールされていない限り16ビットでしかエクスポートできません。

チャンネル

エクスポートされたオーディオファイルのチャンネルを、モノラルまたはステレオに選択できます。

焼き付けタブ

印刷タイムコード

ビデオのプロジェクトタイムコードを、ビデオのオーバーレイとして出力します。

印刷シーン 名前とパネル番号

シーン名とパネル番号を、ビデオのオーバーレイとして印刷します。

追加の尺を印刷

単位、 および リピート メニューで定義されている、ビデオに追加の尺を出力します。

単位

タイムコードまたはフレーム単位を使用して、追加の尺情報を表示します。

リピート

パネル、シーンまたはシーケンスごとに追加の尺情報を表示します。

カメラグリッドタブ

プロジェクトセーフティー

ビデオの安全なエリアを印刷します

4:3 セーフティー

カメラの動きがある絵コンテの各パネルに、4:3の安全エリアを印刷します。

4:3 参照

カメラの動きがある絵コンテの各パネルに、4:3エリアを印刷します。

エクスポート後にフォルダを開く

エクスポート後にフォルダを開きます。