リファレンス > ダイアログ > レイアウトのエクスポート

レイアウトのエクスポートダイアログボックス

レイアウトのエクスポートウィンドウでは、プロジェクトの一部または全てのシーンをレイアウトイメージにエクスポートすることができます。これを使用し、制作中のシーンの様々なアスペクトを操作するときにシーンエレメントを適切に配置できます。たとえば、Harmonyでレイアウトをインポートして、設定を加速し、シーンのエレメントとカメラのキーフレームを適切に配置することができます。また、.psd形式にエクスポートされたレイアウトは、シーンのレイアウト、アクション、およびカメラの動きに適切に適合するように、シーンの背景アートを作成するためのベースとなることができます。

レイアウトイメージは、すべてのレイヤーを結合してレンダリングすることも、レイヤーごとに1つのイメージにレンダリングすることもでき、オプションでカメラのキーフレームとムーブメントを含めることもできます。レイアウトは.psd(別々のレイヤー)、.tga、.jpg、または.png形式でエクスポートできます。

 

パラメータ 説明

保存先パス

パス

作成するXML / AAFファイルの名前と場所を指定します。

ファイルパターン

ファイル名のパターンを設定します。 デフォルトのパターンを使用するには、このフィールドを空白のままにします。

オプション

ファイル形式

レイアウトをエクスポートするためのイメージフォーマットを選択できます。Jpeg (*.jpg), Targa (*.tga), Photoshop (*.psd) または Portable Network Graphics (*.png).

ベース画像サイズ

解像度を、現在の絵コンテ解像度の1/4サイズ、半分のサイズ、またはフルサイズに設定します。

レンダリングエリアを拡張

エリアを展開し、レイアウトにレンダリングします。デフォルトでは、カメラでカバーされるシーンのエリアのみがレンダリングされ、エクスポートされたレイアウトイメージはカメラフレームのエッジでトリミングされます。このオプションを有効にすると、レンダリングエリアの周囲にスペースが追加され、カメラフレームの外に余分な詳細がキャプチャされます。デフォルトでは、レンダリング領域が10%拡張されています。この比率を変更するには、オプションの右側にある入力フィールドを使用します。

最小カメラフレームに合わせて画像を拡大

カメラのクローズアップがシーンに含まれているときに、エクスポートされた画像がより大きくなるようにして、最も近いカメラフレームが少なくとも選択された画像サイズのサイズになるようにします。このようにして、最も近いカメラフレームをズームインすると、画像はピクセル化されて表示されません。無効にすると、エクスポートされたイメージのサイズは、選択した基本イメージサイズとレンダーエリアの拡張オプションに基づいて決まります。

画像サイズを制限

「最小カメラフレームまで画像を拡大」オプションが有効になっている場合、画像の拡大があまり大きくならないようにします。有効にすると、画像の幅と高さはデフォルトで4096ピクセルに制限されます。

レイヤーごとに、1つのイメージをエクスポートする

各レイヤーを別々のイメージファイルとしてエクスポートします。

レイヤーモーションをカメラに適用

レイヤーとカメラの動きを組み合わせて、レイヤー上の真の位置にある最後のカメラフレームを印刷します。

カメラフレームを印刷

各シーンの最初と最後のカメラフレームを、エクスポートされたレイアウトイメージに出力します。.psd 形式でエクスポートする場合、カメラフレームは別のレイヤーに印刷されます。

各カメラキーフレームのフレームを印刷

シーンに複雑なカメラの動きが含まれている場合は、各カメラのキーフレームがレイアウトにプリントされます。

カメララベルを印刷

各カメラフレームの左上隅に、カメラの位置ラベルを追加します。カメラフレームには、それぞれの順序を示すアルファベットの文字が付けられています。

エクスポート範囲

プロジェクト全体(すべて)、選択したシーン、現在のシーン、現在のパネル、トラックパネルをエクスポートするかどうかを決定します。選択したシーンをエキスポートするときは、「選択」をクリックしシーンピッカーダイアログボックスを開くことで、エクスポートするシーン(シーケンスが含まれているシーケンス)を選択できます。

エクスポート後にフォルダを開く

エクスポート後にフォルダを開きます。