リファレンス > ダイアログ > EDL/AAF/XML のエクスポート

EDL / AAF / XMLにエクスポートダイアログボックス

「EDL / AAF / XMLにエクスポート」ウィンドウでは、絵コンテプロジェクトをEDLまたはXML形式を使用してApple Final Cut Proに、またはAAF形式を使用してAdobe Premiere、Avid Xpress、またはSony Vegasに直接エクスポートすることができます。

Storyboard Pro で編集されたタイミング、モーション、およびサウンドは保存されます。

注: 参照 EDL、AAFまたはXMLファイルのエクスポート で、この機能の使い方を学ぶ。
パラメータ 説明

保存先パス

パス

作成するXML / AAFファイルの名前と場所を指定します。

ファイルパターン

ファイル名のパターンを設定します。 デフォルトのパターンを使用するには、このフィールドを空白のままにします。次の変数を使用して、ファイル名パターンを定義できます:

  • %t =プロジェクトのタイトル
  • %a =アクト名(アクトが有効な場合)
  • %q = シーケンス名 (プロジェクトがシーケンスを含んでいる場合)
  • %s = シーン名
  • %p =パネル名
  • %l = レイヤー名 (レイヤーごとに1つのイメージをエクスポートするとき)

%記号と変数文字の間に、数字を追加して使用する、最小文字数を定義することができます。

エクスポートタイプ

 

タイミング情報(パネルとオーディオトラックのタイムコード)を格納する形式を選択できます。フォーマットは、保存先アプリケーションに応じて選択されます:

  • EDLファイルを生成する:Final Cut Pro 7、Avid Media Composer、およびAdobe Premiereにインポートできます。
注: EDL形式の制限により、最初の4つのサウンドトラックのみをエクスポートすることができ、プロジェクトで複数回使用されるサウンドクリップは、エクスポートされた順序で1回だけ表示されます。
  • AAFファイルを生成する:Avid Media Composer、Avid Xpress、Sony Vegas、Adobe Premiereにインポートできます。
注: AAF形式の制限により、スライドインとスライドアウトのトランジションが、ディゾルブトランジションに変換されます。 クロックワイプトランジションは、常に12時(0度)の時計回りのトランジションとしてエクスポートされます。 Edge Wipeトランジションは、Horizontal、Vertical、またはCorner Wipeトランジションとしてエクスポートされます。
  • XMLファイルを生成する:Final Cut Pro 7とAdobe Premiereでインポートすることが出来ます。
注: 上記の編集システムでない場合は、仕様を確認してインポート可能なフォーマットを確認してください。

EDL、AAF、XMLファイルを生成する

EDL、AAF、またはXMLファイルを生成します。

オプション

ムービー形式

ムービークリップは、QuickTime Player がインストールされている場合、WindowsまたはMac OS上で、WindowsではWindows Media Video(*.wmv)形式、QuickTime Movie(*.mov)形式でエクスポートすることができます。このオプションは、1つのムービー形式しかエクスポートできない場合は変更できません。

注: すべての編集システムがWindows Media Videoファイルのインポートをサポートしているわけではありません。サポートされているムービーファイルの種類については、ソフトウェアのマニュアルを参照してください。

ビデオ構成

ビデオ設定を構成するには、このボタンをクリックします。QuickTimeでエクスポートするときに、ビデオコーデック/フレームレート/品質を設定できます。Windowsでエクスポートするときメディアビデオでは、ビデオのビットレートと可変ビットレートの品質を設定できます。絵コンテを、完全な解像度でエクスポートする必要がない場合があるため、ビデオ設定ボタンの解像度ドロップダウンを使用して、出力解像度を定義できます。プロジェクトの解像度の「フル」「1/2」または「1/4」を選択できます。

パネルごろに1つのムービークリップ

シーンごとに複数の QuickTime ムービークリップ (複数のパネルが含まれている場合があります) をエクスポートします。

ビデオファイルを生成

EDLファイル、AAFファイル、またはXMLファイルのみを生成する必要がある場合は、このオプションの選択を解除して、ビデオファイルをレンダリングしないようにします。

オーディオファイルをコピー

デフォルトでは、プロジェクトのサウンドファイルは、エクスポート時にEDL / XML / AAFファイルおよび、ビデオファイルと同じディレクトリにコピーされます。プロジェクトで繰り返し使用されるサウンドクリップは、EDL / XML / AAFシーケンスで1回のみコピーされ、複数回リンクされます。 このオプションをオフにすると、プロジェクトのサウンドトラックと、その編集データは引き続きEDL / XML / AAFシーケンスにエクスポートされます。実際のサウンドファイルのみが失われます。

エクスポート範囲タブ

すべて

絵コンテ全体をエクスポートする。

選択済みシーン

このオプションを選択し、 選択 をクリックして、エクスポートする特定のシーンを選択できる シーンピッカー ダイアログボックスを開きます。プロジェクトにシーケンスが含まれている場合は、シーケンスごとにシーンを選択することもできます。

現在シーン

現在選択されているシーンのみをエクスポートします。

現在のパネル

現在選択されているパネルのみをエクスポートします。

トラックされたパネル - [0 panel]

トラック済みとしてマークされたパネルをエクスポートします。オプションの横にトラック済みパネルの数が表示されます—参照 変更のトラック(追跡)について

焼き付けタブ

印刷タイムコード

ビデオのプロジェクトタイムコードを、ビデオのオーバーレイとして出力します。

印刷シーン 名前とパネル番号

シーン名とパネル番号を、ビデオのオーバーレイとして印刷します。

追加の尺を印刷

単位、 および リピート メニューで定義されている、ビデオに追加の尺を出力します。

単位

タイムコードまたはフレーム単位を使用して、追加の尺情報を表示します。

リピート

パネル、シーンまたはシーケンスごとに追加の尺情報を表示します。

カメラグリッドタブ

プロジェクトセーフティー

ビデオの安全なエリアを印刷します

4:3 セーフティー

カメラの動きがある絵コンテの各パネルに、4:3の安全エリアを印刷します。

4:3 参照

カメラの動きがある絵コンテの各パネルに、4:3エリアを印刷します。

キャプションタブ

キャプションを印刷する

キャプション(なし)を印刷しないか、プロジェクトのキャプションの1つを選択し、エクスポートしたムービーに印刷するかを選択します。デフォルトでは、Storyboard Proプロジェクトにはアクションノート、ダイアログ、スラッギング、履歴のキャプションがありますが、カスタムキャプションの印刷を選択することもできます。

フォント

キャプションを印刷するフォントを選択します。デフォルトでは、Arialで印刷されます。

高さ %

エクスポートされたムービーの高さに対する、キャプション行のサイズを設定します。たとえば、高さ3%のキャプションを使用して1080ピクセルでムービーをエクスポートする場合、各キャプション行の高さは32ピクセルになります。

ポジション

パネルの上左、上中央、上右、下左、下中央または下右のいずれかにキャプションを印刷します。デフォルトでは、キャプションはボトムセンターに印刷されます。

Max ライン

各パネルに印刷するキャプション行の最大量を設定します。キャプションに最大行以上の文字が必要な場合は、末尾に省略記号(...)を付けて切り取られます。

注: キャプションが下に印刷されていても、キャプションは「最大行数 x 高さ%」の値で計算されたスペースの上部に揃えられます。したがって、この設定が高すぎてキャプションが下部に印刷されている場合、下部よりも画像の中央付近に表示されることがあります。

テキストカラー

キャプションを印刷するフォントの色を選択します。

バックグラウンド(Bg)カラー

キャプションを印刷する背景色を選択します。チェックボックスをオフにすると、キャプションはレンダリングされた画像に直接印刷されます。それ以外の場合は、選択した色の長方形のボックスに印刷されます。

エクスポート後、フォルダを開く

エクスポート後にフォルダを開きます。