ユーザーガイド > プロジェクト > 保存 > キャッシュからプロジェクト回復

キャッシュからプロジェクトを回復する

T-SBADV-003-006

Storyboard Pro が予期せず終了した場合、プロジェクトはローカルキャッシュに保存された最新バージョンに復元できます。

Storyboard Pro 起動時に、常にキャッシュフォルダをスキャンして、プロジェクトをリカバリします。アプリケーションを起動するだけで、次のプロンプトが表示されます。

この段階では、次の3つの選択肢があります:

  • プロジェクトを回復して開くには、「はい」 をクリックします。Storyboard Pro は、メインインターフェイスを開き、キャッシュで利用可能な最新の保存をロードします。
  • プロジェクトが回復されると、アプリケーションを閉じる前にプロジェクトの "保存" または "名前を付けて保存" することが重要です。
  • すぐに回復する必要がなく、プロジェクトをキャッシュに残したい場合は、「スキップ」 をクリックします。Storyboard Pro の次回の起動時に、プロジェクトの回復プロンプトが再び表示されます。
  • プロジェクトを回復する必要がない場合は、「削除」 をクリックしてキャッシュを削除できます。この操作は元に戻せず、キャッシュは消去されます。
重要: 何の作業を行っているか、把握している場合にのみ、スキップと削除を使用してください。迷う場合は、「はい」 をクリックし、名前を付けて保存 コマンドを使用し、プロジェクトを新しい場所に復元することで、回復に進むことをお勧めします。
注: Storyboard Pro では、一度に1つのプロジェクトのみを回復することを提案します。したがって、複数のプロジェクトがキャッシュにある場合は、Storyboard Pro の複数のタスクがそれらすべてを回復する必要があります。