ユーザーガイド > プロジェクト > 最適化 > ベストプラクティス > プレーンベクター vs テクスチャーブラシ

プレーンベクターとテクスチャーブラシ

T-SBFND-002-011

レイヤーを描画する際、ブラシツールで作成した全ての線はベクタ要素です。ブラシには2種類あります:

  • プレーンブラシ:デフォルトではブラシツールは、カラーまたはグラデーションのいずれかで塗りつぶされたベクトルストロークを作成します。ベクトルストロークは非常に少量のメモリしか使用せず、ピクセル情報を含まず、数学的関数のみを含んでいる為、スピーディーに使用することができます。
  • テクスチャーブラシ:このタイプのブラシは、ストロークのベクター輪郭も生成しますが、ビットマップテクスチャで埋められます。これらのテクスチャを使用すると、クレヨンやエアブラシを使用して描かれた線に似た、自然な見た目のブラシストロークを持つ描画を作成できます。

ベクトルストローク内にマップされたビットマップイメージを使用している為、テクスチャブラシは色で塗りつぶされたブラシストロークよりもはるかに多くのメモリと処理時間を使用します。したがって、ファイルサイズを軽くし、描画速度を速くしたい場合は、通常のブラシだけを使用してシーンを描画します。テクスチャブラシを使用する場合は、テクスチャブラシに適したサイズのビットマップを使用することが重要です。

注: ベクトルレイヤーの代わりにビットマップレイヤーを使用すると、個々のベクトルストロークは作成されません。代わりに、個々のピクセルが配置され、各ピクセルのRGBAに関する情報が記録されます。この為、多くのシェーディングや様々なテクスチャ、色を使用し作業する場合、ビットマップレイヤーは実際にはベクトルレイヤーのテクスチャーブラシよりも効率的です。—こちらを参照 描画について .