ユーザーガイド > プロジェクト > 最適化 > ベストプラクティス > ビットマップインポートの最適化

ビットマップインポートの最適化

T-SBFND-002-012

Storyboard Pro を使用すると、別のソフトウェアで描いたビットマップや、スキャンしたイメージを読み込んで絵コンテを作成できます。インポートのプロセス中、画像はベクトル化されビットマップ塗りつぶしとして、ベクトルボックスの新しいシーンに配置されます。ビットマップイメージの解像度は、プロジェクトのファイルサイズや、 Storyboard Pro でのプロジェクト作業中の機能速度に影響を及ぼします。絵コンテにビットマップをインポートする際、PDFやアニマティックの品質を向上させることはないため、高解像度を使用する必要はほとんどありません。プロジェクトの解像度に近い解像度で、ビットマップをインポートする必要があります。たとえば、NTSCプロジェクトでは、解像度720 x 480または72 dpiのビットマップを使用すると問題ありません。