環境設定 > ツール

ツールの設定

パラメータ 説明

一般

変換ツールを用いて回転レバーを使用します。

選択ツール、切り取りツール、およびトランスフォームツールで使用するハンドルを表示します。ハンドルを使用すると、簡単にストロークを操作できます。

描画

「投げ縄で選択」を既定値として使用します。

このオプションを有効にすると、選択ツールは投げ縄セレクタとして動作します。このオプションを無効にすると、選択ツールは長方形セレクタとして動作します。

消しゴムとブラシを同期させる

ブラシと消しゴムを同期させるので、同じサイズになります。デフォルトでは、このオプションは選択解除されています

境界ボックス選択ツールは移動可能です

特定のストロークにカーソルを置かなくても、境界ボックスの内容を移動できます。これは以下のツールに当てはまります:選択は、色で選択とカッターでします。

ブラシ サイズ カーソル

このオプションを有効にすると、ブラシツールはブラシサイズをカーソルの周りの円として表示します。

ストロークテクスチャ品質

ブラシのストロークに対して非常に低い値と、非常に高い値の間のテクスチャのクォリティ値を指定します。またはデフォルト値の設定に応じます。

描画を平坦化するときに警告する

プロジェクトで描画が平坦化されると、警告が表示されます。 プロジェクト内のすべてのベクター描画のブラシ、または鉛筆の線ストロークをフラットにします。つまり、オーバーラップする全てのストロークは、単一のストロークとして編集は出来ませんが、描画されたオブジェクト全体としてのみ編集できます。

トランスフォーム(変形)

トランスフォーム(変形)ツールで描画ピボットを使用する(再起動が必要)

選択したレイヤーの、フレーム中心にレイヤートランスフォーム(変形)ツールのピボットを配置します。選択を解除すると、選択したレイヤーの境界ボックスの中央に「最後のフレームトランスフォーム(変形)」と「最初のフレームトランスフォーム(変形)」ツールのピボットが表示されます。