環境設定 > インポート/エクスポート

インポート/エクスポートの設定

パラメーター 説明

画像をインポート

Alpha(アルファ)チャンネルで画像を自動的にインポート

レイヤーのアルファ値でチャンネルを前処理し、不透明なレイヤーにします。これは、他のエフェクトや特定の合成状況で使用されるレイヤーを作成する場合に役立ちます。半透明イメージをインポートする場合は、このオプションを使用します。PSDイメージをインポートする場合は、このオプションを選択解除します。

自動挿入使用時、パネルを作成する前に確認をする

ファイル > 画像をシーンとしてインポートする コマンドを使用する場合、インポート時に作成するエレメントがプロジェクトに存在しない場合、エレメントの作成を求めるプロンプトが表示されます。

自動挿入を使用する際、既存のレイヤーを削除する前に確認をする

ファイル > 画像をシーンとしてインポートするコマンドを使用する場合、インポート時に作成するエレメントが、プロジェクトにすでに存在する場合は、元のエレメントを削除または保存するかを確認するメッセージが表示されます。

ベクトル化オプションの表示ダイアログ

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。
サウンドのインポート

デフォルトのサウンドのインポート設定を使用し、ダイアログを表示しない

サウンドファイルをインポートするときに、インポートサウンドファイルの設定ダイアログボックスを開くのを拒否または許可します。選択すると、設定ダイアログは開きません。デフォルト設定が使用されます。選択を解除すると、毎回設定ダイアログボックスが開き、毎回設定調整が可能となります。

焼き付け

フォント

エクスポート> ムービーコマンドを使用するときに、タイムコードを印刷するフォントを選択できます。このメニューには、お使いのシステムで使用可能なすべてのフォントが表示されます。

ポジション

アニマティックのタイムコードの位置規則を設定します:上部左、上部中央、上部右、下部左、下部中央、下部右。

カラー

デフォルトでは、タイムコードはアニマティックで黒で印刷されます。カラースウォッチをクリックして、カラーの選択ダイアログボックスを開き、お好みの色を選択します。

背後にボックスを描画

タイムコードの後ろに、色付きの四角形を配置します。これは、カラフルでコントラストの高いアニマティック上で、フォントカラーが目立たない場合にとても便利です。

高さ %

タイムコードのフォントサイズの高さ(パーセンテージ)を設定します。

印刷値

ビットマップイメージをインポートするときに、「ベクタオプション」 ダイアログボックスを開きます。

背景カラー

カラースウォッチをクリックし、表示される 色の選択 ダイアログボックスで色を選択します。これは、タイムコードの後ろに描画オプションが選択されている場合、タイムコードの後ろに表示されるボックスの色です。

デフォルトパネルタイムコード開始時間

ムービーにエクスポート ダイアログボックスで、「印刷タイムコード」オプションを選択すると、各パネルのデフォルトの開始タイムコードを定義します。

ビットマップへのエクスポート

ビットマップエクスポートに許容されるサイズの制限

ビットマップをエクスポートするときにサイズ制限があります。このオプションを選択すると、以下の2つのフィールドでサイズ制限を定義できます。

幅の最大サイズ

「ビットマップのエクスポートに使用できる制限サイズ」 オプションが選択されている場合は、このフィールドを使用して、エクスポートしたイメージが持つことができる最大の高さ (ピクセル単位) を設定します。

高さの最大サイズ

「ビットマップのエクスポートに使用できる制限サイズ」 オプションが選択されている場合は、このフィールドを使用して、エクスポートしたイメージが持つことができる最大の高さ (ピクセル単位) を設定します。

Toon Boomへエクスポート

カメラペグのみのZ値

Z深度値0のカメラをエクスポートします。Zの深さの値はペグにあります。これにより、Xsheetでカメラのフィールド値を見やすくなります。Xsheet から、カメラの動きを編集する場合は、この設定を有効にすることをお勧めします。