ユーザーガイド > インターフェースについて

インターフェースについて

T-SBFND-003-001

Storyboard Pro インターフェースを管理する方法を理解することで、効率的に作業し、作業スペースを有効に整理するのに役立ちます。様々な操作を実行する為に、使用できる多くのビューとツールバーがあります。あなたはおそらく Storyboard Pro インターフェースでも自分のやり方で作業するでしょう。

初めて Storyboard Pro を起動すると、デフォルトのワークスペースが表示されます。すべての絵コンテ作成に必要な、主なエレメントが含まれます。

トップメニュー

Storyboard Pro インターフェースの最上部に位置するトップメニューには、ほぼ全てのコマンドが含まれています作業中のビューと選択したエレメントに応じて、いくつかのコマンドが使用可能であり、他のコマンドは使用できません。

ツールバーのツール

ツールバーには、 Storyboard Pro で作業するために必要なすべての主要ツールが含まれています。既定のワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの左端側にあります。ツールの右下隅にある小さな三角形は、メインツールの下に追加のツールを示します。これらのツールにアクセスするには、追加のツールが表示されるまで、マウスの左ボタンを押したまま、それを選択します。

絵コンテツールバー

絵コンテツールバーには、パネル、シーン、トランジションの追加と削除、2Dと3Dのワークスペースの切り替えに関する基本的なコマンドがすべて含まれています。 デフォルトのワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの上部にあります。

プレイバックツールバー

再生ツールバーを使用すると、絵コンテを再生できます。トランジションとサウンドを使用して アニマティック を作成すると、ステージビューでリアルタイムに再生してタイミングを確認することができます。 デフォルトのワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの上部にあります。

サムネールビュー

サムネイル ビューは、年代順に、プロジェクトのすべてのパネルを表示します。このビューを使用すると、絵コンテをナビゲートしたり、パネルとシーンを再配置したり、ステージビューに表示するパネルを選択することができます。

デフォルトでは、サムネイルビューで描画することはできず、ブラウズボタンもありません。設定ダイアログボックスで変更が可能です。

ステージビュー

ステージビューは、 Storyboard Pro の操作の中心です。これらのビューで構築、描画、ペイント、カメラをアニメートする、レイヤーを作成して、結果を参照してください。

パネルビュー

パネルビューには、現在のパネルに関連する様々なキャプション、イン、アウト、尺が表示され、パネルに関連する任意の音声注釈を再生できます。

注: デフォルトでは、ワークスペースを変更すると自動的に保存されます。デフォルトのワークスペースを復元するには、 ウィンドウ > デフォルトのワークスペースを復元 を選択します。「環境設定」ダイアログボックスの「ワークスペースを自動保存」オプションの選択を解除して、この動作を防ぐことができます—参照 一般設定.