スタートガイド > レイヤーの利用方法

レイヤーの使用方法

あなたが達成しようとしているグラフィックスやアートワークの種類、ビットマップやベクトルに応じて、いくつかのタイプのレイヤーが利用できます。

ビットマップレイヤー:小さなドットに似た、グリッド上のピクセルで構成されたビットマップグラフィックスを使用できます。これは、作成している描画またはインポートするアートワークを構成します。ビットマップグラフィックスは、より自然でソフトな外観を作品に与えます。色はピクセルごとに定義されます—参照 ビットマップレイヤーの解像度の変更 と、 レイヤーについて .

ベクトルレイヤー:スケーラブルな、多くのオブジェクトで構成された2Dグラフィックスを作成できます。各オブジェクトは、ピクセルではなく数式で作成されるため、常に最高品質で表示されます。それらはスケーラブルであるため、ベクトルオブジェクトは解像度に依存しません。ベクトルオブジェクトのサイズを増減することができ、線は鮮明でシャープなままであり、漫画には理想的です。ベクトルレイヤーでは、ストローク全体で色が定義されます。

ベクターオブジェクトは、コントロールハンドルを使用して編集/変換できる線/曲線/図形で構成されています。ベクターグラフィックスは、ビットマップグラフィックスのような長方形に限定されません。ベクトルオブジェクトを他のオブジェクトに配置することができ、下のオブジェクトが表示されます。

3D レイヤー:インポートされた3Dオブジェクト(.fbx)を操作できます。ライブラリに3Dオブジェクトをインポートした後、レイヤーリストを追加して3Dレイヤーを自動的に作成することができます。

グループレイヤー:ベクトル、 ビットマップ、および3D レイヤーで構成できる複数のレイヤーをグループ化することができます—参照 レイヤーのグループ化.

レイヤーの追加

パネルにレイヤーを無制限に追加できます。

レイヤーの削除

不要になったレイヤーを削除できます。これにより、プロジェクトはきれいに整えられます。

レイヤーの表示/非表示

多くのレイヤーで作業している場合、特定のレイヤーを非表示にすると便利かもしれません。

また、グループレイヤを表示/非表示にすることもできます。こうすると、すべてのサブレイヤーの表示/非表示、および各サブレイヤーの表示/非表示アイコンの状態が尊重されます。たとえば、1 つの非表示レイヤーと 2 つの表示レイヤーを含むグループ レイヤーを非表示にする場合、グループ内のレイヤーのすべてが非表示になります。グループレイヤーを表示すると、各レイヤーの可視性状態が保持されるため、1つの非表示レイヤーと、2つの表示レイヤーが再度表示されます。

注: レイヤーをマージ(結合)すると、隠しレイヤーは除外され、マージが解除されたままになります。

レイヤーのロック/ロック解除

選択したレイヤーをロックして、そのレイヤー上のすべてのオブジェクトが変更不可にできます。ロックされると、レイヤーのロックを解除してレイヤー上のオブジェクトを変更できます。