スタートガイド > インターフェースについて

インターフェイス

初めて Storyboard Pro を起動すると、デフォルトのワークスペースが表示されます。すべての絵コンテ作成に必要な、主なエレメントが含まれます。

ステージビュー

お使いのカメラを配置するのに、ステージ ビューやカメラ ビューを使用できます

ステージビューでは、パースは空間内の固定点からのものです。様々なエレメントを見ながら、まるでステージ上に立っているかのようです。キーフレームを追加し、カメラのフォーカスと回転を変更すると、時間の経過とともにカメラの変化を見ることができます。

サムネールビュー

サムネールビューには、プロジェクト内のすべてのパネルが時系列で表示されます。このビューを使用すると、絵コンテ内を移動したり、パネルやシーンを再配置したり、ステージビューに表示するパネルを選択したりできます。

パネルビュー

パネルビューには、現在のパネルに関連する様々なキャプション、イン、アウト、尺が表示され、パネルに関連する任意の音声注釈を再生できます。

 

絵コンテビュー

絵コンテビューは、インポートまたはスクリプトを入力する場所です。また、絵コンテのプロジェクトに関する重要な情報が表示されます。絵コンテビューは、2 つのエリアに分かれています。プロジェクト情報とスクリプトキャプション。

ツールプロパティビュー

ツールプロパティビューには、現在選択されているツールに関連する、最も一般的なオプションと操作が含まれています。ツールバーからツールを選択するとすぐに、ツールプロパティビューが更新され、そのプロパティが表示されます。

ツールバー

ツールバーには、 Storyboard Pro で作業するために必要なすべての主要ツールが含まれています。既定のワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの左端側にあります。ツールの右下隅にある小さな三角形は、メインツールの下に追加のツールを示します。これらのツールにアクセスするには、追加のツールが表示されるまで、マウスの左ボタンを押したまま、それを選択します。

絵コンテツールバー

絵コンテツールバーには、パネル、シーン、トランジションの追加と削除、2Dと3Dのワークスペースの切り替えに関する基本的なコマンドがすべて含まれています。 デフォルトのワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの上部にあります。

プレイバックツールバー

再生ツールバーを使用すると、絵コンテを再生できます。トランジションとサウンドを使用して アニマティック を作成すると、ステージビューでリアルタイムに再生してタイミングを確認することができます。 デフォルトのワークスペースでは、このツールバーはインターフェイスの上部にあります。

トップメニュー

トップ メニューには ほとんど コマンドが含まれています。作業中のビューと選択したエレメントに応じて、いくつかのコマンドが使用可能であり、他のコマンドは使用できません。 トップ メニューは、常にインターフェイスの一番上にあります。

インタフェースのナビゲート

Toon Boom Storyboard Pro を使用すると、ビューをズームイン、ズームアウト、回転、パン、リセットして、インターフェイスを簡単にナビゲートできます。

コマンド アクション アクセス方法

ズームイン

ビューをズームインします。

ビュー > ズームイン

2 を押すか、マウスホイールを上に動かします。

ズームアウト

ビューをズームアウトします。

ビュー > ズームアウト

1 を押すか、マウスホイールを下に動かします。

ズームイン/アウト

ビューをズームイン/ズームアウトします。

マウスのホイールを上下に動かします。

マウスを上下にドラッグしながら、 Spacebar と中マウスのボタンを押したままにします。

パン

ビューと平行に移動します。

Spacebar を押しながら、ビューをパンする方向にドラッグします。

パンをリセット

ビューのパンをデフォルトの位置にリセットします。

ビュー > パンをリセット

Shift + N を押します。

ビューをリセット

ビューをデフォルトの位置にリセットします。

ビュー > ビューをリセット

Shift + M を押します。

 

ビューをデフォルト描画エリアにリセットする

ステージビューをリセットして、デフォルトの描画エリア(カメラが変更される前のデフォルトのカメラフレーム内のエリア)を表示します。

ビュー > ステージビューをリセット > デフォルトの描画エリア

現在のパネルへのビューのリセット

ステージビューをリセットして、現在のパネル全体を表示します。 ビュー > ステージビューをリセット > 現在のパネルのオーバービュー

ビューをカメラにリセットする概要

ステージビューをリセットして、カメラフレームの概要を表示します。選択したパネルで、カメラの動きが作成された場合は、カメラの動きの中のスペース全体が表示されます。

注: このオプションは、視点モードがシーン、またはパネルレベルに設定されている場合にのみ使用できます—参照 ビューのポイント メニュー.

ビュー > ステージビューをリセット > カメラのオーバービュー

現在のパネルへのビューのリセット

ステージビューをリセットして、現在のパネル上でのカメラの移動の開始位置にフォーカスします。

注: このオプションは、視点モードがシーン、またはパネルレベルに設定されている場合にのみ使用できます—参照 ビューのポイント メニュー.
ビュー > ステージビューをリセット > カメラフレームの開始

カメラを終了するためにビューをリセットする

ステージビューをリセットして、現在のパネル上のカメラムーブメントの終了カメラ位置にフォーカスします。

注: このオプションは、視点モードがシーン、またはパネルレベルに設定されている場合にのみ使用できます—参照 ビューのポイント メニュー.

ビュー > ステージビューをリセット > カメラフレームの終了

回転をリセット

ビューの回転をデフォルトの位置にリセットします。

ビュー > 回転をリセット

Shift + X を押します。

ズームをリセット

ビューのズームをデフォルトの位置にリセットします。

ビュー > ズームをリセット

Shift+Z を押します。

時計回りに30度回転

アニメーションテーブルのように、カメラビューを時計回りに30度回転します。

ビュー > 時計回りにビューを回転

反時計回りに30度回転

アニメーションテーブルのように、カメラビューを反時計回りに30度回転します。

ビュー > 反時計回りにビューを回転

全画面切り替え

Storyboard Pro の画面上での最大化とデフォルトサイズへの復帰を交互に切り替えることができます。

ビュー > 全画面切り替え

Ctrl+Alt+Shift+F (Windows) または ⌘+Alt+Shift+F (Mac OS X)