スタートガイド > 3Dワークスペースでの作業方法

3Dワークスペースでの作業方法

Storyboard Pro は3Dオブジェクトをプロジェクトにインポートすることで、アニメーションを3次元にします。配置、操作、3 D オブジェクトを変更、およびあなたのストーリーに深さを追加できます。

オブジェクトのトップビューとサイドビューを表示

トップビューとサイドビューは、シーンの空間を上から見たものです。ビューには、カメラが見ることができる表示領域も表示されます。

エレメントをZ軸に沿って移動すると、オブジェクトが小さくなったり、大きくなったりするように見えます。これは、パース効果のためです。つまり、カメラに近いエレメントはより大きく見え、遠くにあるエレメントは小さく見えます。このため、配置後にエレメントのサイズを変更する必要があります。

ステージビューには、南北(NS)、東西(EW)、前/後(FB)のオフセット位置が表示されますが、サイドビューとトップビューを使用してエレメントの位置を変更できます。

  • トップビュー:EW(東西)とFB(前/後)の位置を表示します。
  • サイドビュー:NS(南北)とFB(前/後)の位置を表示します。

エレメントの位置を変更すると、その内容全てに影響します。

これらはシーン内の2Dレイヤーなので、トップビューとサイドビュー(その側から見ているため)の線として表示されます。3Dオブジェクトをインポートすると、トップおよびサイドビューに完全な3Dオブジェクトが表示されます。

シーンを3Dに変換する

デフォルトは、新しく作成されたシーンは2Dモードに設定されているため、2Dでいくつかのシーンを作業する予定がある場合は、プロジェクトに不要な機能で邪魔されることはありません。シーンを3Dに変換することで、3D空間内の2Dおよび3Dレイヤーを移動して回転させることができます。つまり、シーンに3Dオブジェクトがなくても、2DオブジェクトをZ軸に沿って移動させて、マルチプレーンエフェクトを作成することができます。3Dシーンでは、カメラツールを使用してカメラを3D空間内で移動することもできます。

注: シーンを3Dに変換するのは、プロジェクト全体にではなく、選択したシーンのみに適用されます。

シーンを2Dにリセットする

Storyboard Pro 2Dにシーンをリセットできます。これを行うと、以下のことが起こります:

インポートした 3D モデルが削除されます。
3D カメラの動きが削除されます。
3Dで移動および回転された2Dレイヤーは2Dに戻され、これらの変換が削除されます。

3Dオブジェクトをライブラリにインポートする

プロジェクトを作成するときに、さまざまなタイプの3Dファイルをインポートできます。サポートされている3Dファイルフォーマットは: *.osb, *.3ds, *.obj, *.fbx, *.dae (Collada) および *.abc (Alembic)です。3Dモデルをインポートすると、そのモデルに従って自動的に3Dモデルフォルダ内のライブラリに追加されます。3Dモデルをプロジェクトファイル内で簡単に再利用できます。

注: テクスチャをモデルにパッケージ化することができる為、.fbx形式を使用することをお勧めします。

3Dモデルをライブラリに読み込むと、シーンに配置するたびに元のモデルを参照し続けます; つまり、3Dモデルのコピーは作成しません。3Dモデルライブラリは、プロジェクトのローカルライブラリでもあるため、3Dモデルを各プロジェクトにインポートする必要があります。

3Dオブジェクトをシーンにインポートしたら、3Dオブジェクトのサイズ、位置、および角度を変更することができます—参照 3Dワークスペースでの作業方法.

3Dワークスペースに2Dエレメントの位置付け

3D 空間では、1つの2D オブジェクトを操作できます。また、Z 軸に沿って複数の2D オブジェクトをずらして、プレーンを作成したり、平面を回転させて、片面が開いた空間を構築することもできます。

カメラビューでパネルをプレビューする

お使いのカメラを配置するのに、ステージ ビューやカメラ ビューを使用できます

ステージビューでは、ステージ上に立っているかのように、様々なエレメントを見ることが出来ます。パースは空間内の固定点からのものです。キーフレームを追加し、カメラのフォーカスと回転を変更すると、時間の経過とともにカメラの変化を見ることができます。

シーンをプレビューする為にカメラビューに切り替えると、パースはカメラレンズからのものなので、カメラがあるキーフレームから別のキーフレームに移動するときにキャプチャするものを正確に見ることができます。

したがって、カメラの位置を変更した場合、特にカメラのフォーカスを変更した場合は、カメラビューを使用しカメラの動きを正確にプレビューします。