ユーザーガイド > エクスポート > 構造について

構造について

Storyboard Pro では、 Storyboard Pro のプロジェクトをFinal Cut Pro、Appleサードパーティ製編集ソフトウェア、Avidサードパーティ製編集ソフトウェアのMedia Composerにエクスポートすることができます。その後、構造機能を使用し、 Storyboard Pro プロジェクトに変更をインポートし直すことが出来ます。構造のエクスポートでは、アニメーションプロジェクト構造全体と、パネルのイメージを含むXMLまたはAAFファイルが生成されます。その後、XMLをFinal Cut Pro、AAFをMedia Composerにインポートすると、アニマティックメディアが再作成されます。

また、パネル内の変更を追跡し、追跡されたパネルのみを書き出すこともできます。

エクスポートされるもの:

  • トップのコンポジションにクリップとしてエクスポートされたパネル。パネルの最初のフレームのレンダリングがソースイメージとして使用されます。
  • (XMLのみ)レイヤーはネストされたクリップで個別にエクスポートできます。レイヤーモーションキーフレームもエクスポートされます。
  • トランジションのタイプと尺。
  • サウンドクリップ(開始/終了フレーム)と音量キーフレーム。
  • カメラの動きはクリップアニメーションとして書き出されます。
  • オプションで、すべてのシーンの最初のフレームをマーカーとして書き出すことができます。
  • 必要に応じて、パネルキャプションをクリップメタデータとして書き出すことができます。
  • オプションで、シーンレファレンストラックをエクスポートすることができます。このトラックの各クリップは、 Storyboard Pro のシーンを表します。
  • その他のメタデータは、コンフォメーションを許可するためにエクスポートされます; パネルID、変換データ、プロジェクトの解像度。

適合しているもの:

  • パネルの順序と尺。
  • パネルの複製; オリジナルのパネルが複製されます。
  • パネルの削除; オリジナルのパネルが削除されます。
  • 新しいクリップは新しいパネルとして構築され、ソースイメージがインポートされます。
  • (XMLのみ)ネストされたシーケンス内の新しいレイヤーは、新しいレイヤーとして構築され、ソースイメージがインポートされます。
  • 尺のトランジションの変更。
  • Storyboard Pro にてサポートしていれば、移行タイプの変更は準拠しています。
  • 不明な移行はディゾルブとしてインポートされます。
  • クリップアニメーションの調整は、カメラの動きとして構築されます。順応すると、カメラのモーションが最適化され、余剰キーフレームが削除されます。
  • (XMLのみ)ネストされたクリップの、クリップアニメーションの調整は、レイヤーモーションとして構築されます。
  • サウンドクリップの開始時間と尺を変更します。
  • サウンドクリップを、追加/コピー/移動/削除します。
  • サウンドトラックを削除または追加します。
  • ボリュームキーフレームの、追加/削除/更新します。