ユーザーガイド > 描画 > 描画ツール > ブラシ > テクスチャーブラシ

テクスチャ付きブラシを使った描画

Storyboard Pro では、テクスチャ線で描画することができます。ベクトルレイヤーで描画する場合、テクスチャ線はベクトルフレームに含まれる混合ビットマップイメージです。これにより、紙に描いているかのようにスケッチすることができます。ビットマップレイヤーで描画する場合、ベクトルフレームはありません。あなたが描画している、1つの大きな長方形のキャンバスがあります。

独自のテクスチャブラシを作成するには、タイルテクスチャファイルを、Adobe Photoshopなどのサードパーティのソフトウェアで準備する必要があります。画像にトランスペアレンシー(透過性)がある場合はサポートされます。テクスチャファイルは、.PSDまたは.TGAファイルである必要があります。

注: テクスチャの解像度を、100 x 100ピクセル~400 x 400ピクセルに維持することをお勧めします。