選択モードについて

選択ツールを使用すると、そのプロパティとオプションがツールプロパティビューに表示されます。

投げ縄とマーキーモード

描画のセクションを選択するときは、投げ縄を使用してフリーハンド選択を行うか、マーキーを使用して長方形の選択を行うことができます。

ツールのプロパティで、ツールの選択スタイルを変更するには、投げ縄 またはマーキー モードを選択します。選択したモードを一時的に他のモードに切り替えるには、Altキーを押したままにします。

スナップモード

描画を描く場合は、描画を開始する任意のラインにスナップできます。これにより、高い精度で描画内のオブジェクトを設定できます。描画内の既存のオブジェクトの、アンカーポイントをスナップするオブジェクトを作成することも出来ます。

注: オブジェクトをスナップして整列するときは、グリッドを表示すると便利です、こちらを参照下さい 描画スペースの効率性について.

カラーモードで選択

ステージビューでクリックした色で、描画または描画されたすべてのパーツを素早く選択できます。

シーン内のすべての描画を選択

シーン内の全ての描画を、全てのレイヤーで選択することができます。