ユーザーガイド > 描画 > 描画ツール > 鉛筆ツールについて

鉛筆ツールについて

鉛筆ツールは、スケッチと ベクトルレイヤー の描画に使用されます。

ベクトルストロークは、非常に軽いファイルを生成し、再生中に効率を犠牲にする必要がないため、長いプロジェクトに最適です。また、輪郭線エディタまたはパースツールを使用して、線を描いた後に線の形を変更することもできます。ストロークは、描画が平坦になるまで別々の線として保存されます。

メリット:ファイルサイズは軽いです。
デメリット:自然なメディアスタイルの、テクスチャ描画はできません。
お勧めの使い方:クリーン描画、スケッチベクトル描画、異なる距離から再利用したい描画(近距離、中程度、遠方)。

鉛筆ツールは筆圧感度をサポートしており、様々な幅の線を作成します。一定幅または可変幅の中心ベクトル線を生成します。綺麗な線の作成が可能です。これは、鉛筆の線の制御点(形状を変形する為に使用)がセントラルスパイン(中央の背骨)の長さに沿って配置されていることを意味します。鉛筆ツールは、トレース、クリーン、または最終描画に非常に役立ちます。

ラインの色、サイズ、滑らかさ、最小幅と最大幅をコントロールして、鉛筆をカスタマイズすることができます。