ユーザーガイド > 描画 > 描画ガイドについて

描画ガイドについて

T-SBADV-006-001

ガイドを作成する目的は、ルーラーを使用するのと同様の方法であなたをアシストすることです。特に、現在提供されているガイドの種類は、パースで描画を作成するのに役立ちます。このような描画を作成するトラディショナルな方法は、消失点に向かって一時的な基準線を描くことです。描画ガイドを使用すると、描画ツールは暗黙の参照線にロックオンされ、垂直線・水平線・または消失点の1つを通過する線を描くことができます。このタイプの補助では、パースを描くプロセスが合理化されます。

正方形グリッドガイドの場合、2つのガイド軸は、水平に対して垂直軸および水平軸に対応します。

1ポイントパースガイドの場合、3つのガイド軸は、水平線・垂直線・消失点を通る線に対応します。

2ポイントパースガイドの場合、3つのガイド軸は2つの消失点のそれぞれの垂直線、および直線に対応します。

3点パースガイド(上から見た図または下から見た図)の場合、3つのガイド軸は3つの消失点に対応します。

3ポイント(上から見た図) と 3ポイント(下から見た図)の視点パースの違いは、新しいガイドを作成する際、最初の消失点の位置にあります。そうでない場合、2つのガイドは同じ動作をします。

Storyboard Pro の各パネルには独自のガイドのリストがあります。ガイドビューでは、リストを管理できます。ガイドは通常の方法で、追加・選択・名前変更・削除・切り取り・コピー・貼り付け・並べ替えができます。ガイドはファイルにエクスポートし、後で再インポートすることもできます。

注:

ガイドまたはガイドリストの変更は元に戻すことが可能です。

新パネルを作成すると、現在のパネルのガイドリストが新パネルにコピーされます。

新シーンが空のガイドリストと共に作成されます。