カッターモードについて

カッターツールを使用すると、そのプロパティとオプションがツールプロパティビューに表示されます。4つのカッターモードには次のものがあります:投げ縄またはマーキー、先端スタイル、マウスジェスチャー、およびアンチエイリアス。

投げ縄とマーキーモード

描画のセクションを選択するときは、投げ縄を使用してフリーハンド選択を行うか、マーキーを使用して長方形の選択を行うことができます。

ツールのプロパティで、ツールの選択スタイルを変更するには、投げ縄 またはマーキー モードを選択します。選択したモードを一時的に他のモードに切り替えるには、Altキーを押したままにします。

先端スタイルモード

ベクトルレイヤー上の鉛筆線を、切り取った線の先端をカスタマイズすることができます。

マウスジェスチャーモードを使う

投げ縄 選択タイプを使用する場合、 マウスジェスチャー オプションを使用すると、マウスをドラッグするだけで、アートワーク内の行の余分なセクションを自動的に削除できます。

注: この操作を実行するには、線を平坦にすることは できません

アンチエイリアス モード

ビットマップレイヤーでカッターツールを使用する場合、アンチエイリアスをオンまたはオフにすることができます。アンチエイリアスをオンにすると、ビットマップイメージの斜め線のギザギザの外観が滑らかになります。

注: このオプションはベクターレイヤーでは使用できません。