ユーザーガイド > カメラ > 3Dカメラ動作について

3Dカメラ動作について

3D 対応シーン、カメラ ビューでだけでなく、上部と側面のビューですべての 3 つの軸にカメラを回転できます。カーソルをカメラマニピュレータに合わせると、カーソルが回転し、回転を行う軸を示します。X、Y、Z軸を極として考えると、その極または軸で回転するためにカメラを固定することができます。たとえば、Y軸は北から南に伸びるポールになります。カメラをその極に固定すると、カメラは実際には左右に移動したり、その垂直軸を中心に回転したりします。

カメラ ビューにカーソルを合わせます。

マニピュレーターの円の N と S のポイントは、X 軸カーソル が表示されます。これは、これらの点を上または下に動かすと、カメラビューでX軸、水平に動く軸、または東から西にカメラを回転させることを意味します。

マニピュレーターの円で E と W ポイントは、Y 軸カーソル が表示されます。これは、これらの点で左右に引っ張ると、カメラビューでY軸、垂直に走る軸、または北から南にカメラを回転させることを意味します。

どこでもマニピュレータサークル上の点はジェネリック回転カーソル を表示します。カメラ ビューでは、このカーソルは、Z 軸に沿った回転を表します。

これらのカーソルは、表示しているビューによって明らかに異なります。たとえば、トップビューでは、カーソルをマニピュレータ円の上に移動すると、汎用回転カーソルの代わりにY軸カーソルが表示されます。トップビューとサイドビューには、マニピュレータサークル上にポイントはありませんが、3つの軸の1つで回転を制御する3つのリングがあります。これらの軸のうちの2つは、パースからのリングの代わりに線として見られます。