ユーザーガイド > 3D オブジェクト > 2D-3D の相互作用

2Dと3Dオブジェクトの相互作用について

T-SBADV-011-008

あなたは、あなたの能力をフルに発揮できる3次元空間を持っています。マッチする3次元オブジェクトで完成させ、2Dエレメントと3Dエレメントの間の、現実的な相互作用を特徴とする、洗練された絵コンテを作成することができます。

たとえば、3D車に乗りたいキャラクターがいた場合、ファーストとラストフレーム機能を使用して、次のシーンを簡単にアニメートできます。

  • 車に向かって歩いている人物
  • 車のドアノードが開くようアニメーション化
  • 3D車のオブジェクト内に消えるキャラクター
  • 車のドアノードが閉まるようアニメーション化
  • 3D車が横方向に動いてフレームから出る

車の3次元性を利用することで、ドアの開閉や走行をさせるのに回転し動かすアニメーションを処理する為の、余分な描画を作成する必要はありません。

また、オブジェクトの立体的な性質とシーンスペースを使用して、距離の錯覚を作成するために、オブジェクトのサイズを変更することなくキャラクターを前方や後方に歩かせたり、オブジェクトを通過させたりすることができます。これらのエレメントを3次元空間に配置することで、これらのオブジェクトを物理的に歩き回ることができ、より真に近い絵コンテを作成することができます。