はじめに > シーンのステージング

シーンのセットアップ方法

シーンのセットアップは、テレビ番組のセット造りと比べられます。 この時点で、カメラフレームや背景エレメント、キャラクターなどのシーンエレメントを配置します。

カメラの追加

シーンにはデフォルトでカメラレイヤーがありません。 シーンのカメラ角度と位置を微調整できるようにするには、シーンに1つ追加する必要があります。 同じシーンに複数のカメラを置くことは可能ですが、シーンを見るには一度に1つのカメラだけを使用します。 このことは、まだシーンの構図に取り組んでいて、カメラの設定をいろいろ変えてみる場合に便利です。

カメラの配置

シーンアクションはカメラフレーム内で起こるため、正確にセットアップすることが非常に重要です。 Scene(シーン) トップメニューからアクセスできるScene Settings(シーン設定)ウィンドウで、カメラの解像度やその他関連するパラメータを調整することができます。

Camera(カメラ)レイヤーは静的であることに注意してください。 それをアニメーション化する必要がある場合は、アニメーション化が可能なペグの下に配置しなければなりません。—カメラのアニメーション化参照。

カメラフレームは、Advanced Animation(アドバンストアニメーション)ツールバーのTranslate(トランスレート)、Rotate(回転)およびScale(拡大縮小)ツールを使用することで、直接再配置できます。 カメラのプロパティに直接座標を打ち込んでも、カメラをセットアップすることができます。 これは、座標が従来型のアニメーションカメラグリッドのものと一致しているため、紙面でシーン計画を行った場合に便利です。 したがって、この方法を使用すると、望む場所にカメラを正確に配置できます。

オブジェクトの配置

シーンのセットアップには、カメラフレーム内へさまざまなシーン要素を配置する作業も含まれます。

ピボットの再配置

回転、拡大縮小、スキュー、フリッピングなど描画レイチャー上で行われるトランスフォーム処理は、描画のピボットポイントの位置を基準に実行されます。 Transform(トランスフォーム)ツールを使用してトランスフォームを行う際に、選択したピボットをドラッグ&ドロップすることができます。 ただし、これには恒久的な効果はありません。 ピボットの位置が一時的に変更されるだけで、選択したフレームで変形を行うには役立ちますが、描画レイヤーの実際のピボットポイントは変わりません。 レイヤーのピボットポイントの位置は、高度なアニメーションツールを使用して恒久的に再配置することができます。