はじめに > 画像のインポート

画像のインポート方法

デフォルトで、Harmonyは独自のインターフェース内で作成されたベクトル画像を扱います。 ベクター画像は、主として、画像を構成する様々な形状に関する情報とともに、そのラインおよびフィルカラーから構成されます。 これにより、編集やペイントが容易になり、画質に影響を与えることなくサイズを変更することができます。 これとは対照的に、ビットマップ画像は、画像を構成する個々のピクセルに関するカラー情報から構成されます。 したがって、それらは非常に詳細な、あるいはとても写実的な画像に適していますが、画像の品質。

一般的には、バックグラウンドやプロップなどのシーンアセットの一部を別のソフトウェアで作成する必要がある場合、ビットマップ画像を使用して作業する必要があります。 これらのビットマップ画像ファイルを、Harmonyシーンにインポートすることができます。

ビットマップ画像をインポートするときは、Harmonyがどのように処理するかを決める必要があります。 次のオプションから選択できます。

  • Import as Bitmap(ビットマップとしてインポート):これは画像をそのままインポートし、シーンで作業するときに変更できないようにします。 これは、プロジェクトでさまざまなソフトウェアで作成された背景を使用する場合に便利です。
  • Vectorize(ベクター化):ビットマップをToon Boomベクターアートに変換するので、Harmonyのベクター描画ツールを使用して簡単にペイントや編集ができます。 これは、異なるソフトウェアを使用してスキャンまたは作成されたラインアートをインポートする場合に便利です。

画像のベクター化

Harmonyでは画像をベクター描画としてインポートできます。 ベクター描画は、Harmonyのベクター描画ツールを使って容易にペイントおよび編集ができます。 これは、Harmonyでペイントすることができるので、別のソフトウェアを使用してスキャンまたは作成されたラインアートをインポートする際に役立ちます。

注: Library(ライブラリー)にビットマップ画像がある場合、ビットマップ画像を素早くインポートする方法としてシーンに直接ドラッグアンドドロップすることができます。 ただし、インポートオプションには一切アクセスできません。