はじめに > デジタルアニメーション

オブジェクトとカメラをアニメーション化する方法

Harmonyでは、オブジェクトを個々のレイヤーに描画し、タイムライン中の異なるキーフレームの異なる位置に配置し、モーションパスを作成することによって、オブジェクトをアニメーション化することができます。 シーンのカメラにも同じ原則を適用できます。それ自体がレイヤーだからです。

レイヤーのアニメーション化

モーションパスはレイヤー(アニメーション化されたレイヤー)に直接作成することができます。

次のような複数の異なるパラメータを使用して、軌跡を制御および定義することができます。

  • X、YおよびZの位置
  • 角度(回転)
  • スキュー
  • XおよびY縮尺

Harmonyは、各レイヤーの各パラメータをそれぞれの機能カーブに格納することによって、アニメーションの追跡を続けます。 レイヤーにキーフレームを追加すると、これらの各機能にキーフレームが作成され、Camera(カメラ)ビューからレイヤー上で行われたトランスフォームが座標にトランスレートされ、それらの機能に格納されます。 Function(機能)ビューを使用してこれらの機能を個別に編集することは可能ですが、HarmonyはCamera(カメラ)やTimeline(タイムライン)ビューで軌道やタイミングを視覚的に制御するための使いやすいツールを提供するため、ほとんど必要ありません。

カメラのアニメーション化

シーンのカメラは他のあらゆるレイヤーと同様に、操作してアニメーション化することができます。 それはTimeline (タイムライン)ビューにリストされており、同じツールと選択モードを使用してオフセットまたはアニメーション化することができます。 しかし、カメラレイヤーそのものは静的であるため、シーン全体を通じて同じ位置と角度を維持します。 カメラをアニメーション化できるようにするには、アニメーション化が可能で、カメラの位置と角度に直接影響する、ペグレイヤーにカメラを接続する必要があります。

カメラの動きをCamera(カメラ)ビューで直接アニメーション化することができます。 あるいは、Side(サイド)またはTop(トップ)ビューを使うことができますが、各レイヤーがカメラが含まれている場合、それはマルチプレーンシーンでカメラをアニメーション化するときに特に有用です。