はじめに > ペーパーレス作画

ペーパーレスセルアニメーションを作成する方法

ラフアニメーションの作成

ペーパーレス作画を作成する第一歩は、アニメーションの骨格となるラフの構築です。 通常は、キャラクターのアクションの最も重要な部分をアニメーション化することから始めます。 例えば、ウォークサイクルをアニメーション化するには、胴体の動きと両脚からスタートします。 その後、頭や腕、服などの二次的なアニメーションを追加することができます。

満足できるアニメーションを作成するには、メインのアクションを素早く荒いスケッチでアニメーション化してから、動きに満足したら詳細を追加します。 すべての詳細をすぐにアニメーション化し始めると、修正が必要な場合や、アニメーションが硬直しているように見える可能性がある場合などは、多くの時間を無駄にするでしょう。

アニメーションのレビュー

描画のフリッピングは、作業中の描画が互いにうまく接続しているか、正しく動いているような錯覚を起こすかどうかを見るのに役立つ。 Go to Previous Drawing(前の描画に移動)およびGo to Next Drawing(次の図面に移動)のキーボードショートカットを使用して、描画をすばやく裏返すことができます。

ラフアニメーションが終了したら、次のステップに進む前に期待どおりに見えるように再生します。

クリーンアップ

ラフアニメーションが完成したら、次はクリーンアップとインク入れです。 このステップはトレースとも呼ばれ、 ラフアニメーションの上でクリアな実線をトレースして、開いているゾーンを閉じる作業です。 ペーパーレス作画では、この作業はインク&ペイントの前の最終ステップです。

従来型のアニメーションでは、クリーンアップされた描画は、通常、アニメーションディスクのライトテーブルを使用して表示された、下がラフな新しい用紙にトレースされます。 同様にHarmonyでは、クリーンアップされた描画を描くための新しい描画レイヤーを追加する必要があります。 クリーンアップが完了したら、ラフアニメーションが含まれているレイヤーをただ無効にして、最終アニメーションには表示されないようにすることができます。 この手法はまた、ラフとクリーンアップされた描画をそのまま保持し、それらを独立して管理することができます。

Camera(カメラ)ビューでは、クリーンアップレイヤーで作業している間、ラフアニメーションを確認します。 Drawing(描画)ビューで作業したい場合は、クリーンアップレイヤーをトレースしながらライトテーブルをオンにしてプロジェクトのレイヤーをすべて表示することができます。