描画のモーフィング方法

手描きアニメーションでは、中割り描画のトレースに多くの時間を費やす必要があります。 Harmonyのモーフィング機能はこのプロセスをスピードアップするのに役立ちます。 この強力な機能は、ベクター描画間にコンピューター生成の描画を自動的に作成して、時間を節約し、生産性を向上させます。 モーフィングアニメーションのタイミングと速度を簡単に変更することができます。

モーフィング機能の主な用途の1つは、エフェクトアニメーションです。 例えば、煙や水のアニメーション化には時間がかかることがありますが、それは、これらのタイプのエフェクトは通常、動きが遅く、密接に配置された多数の中割りが必要だからです。

モーフィング機能は、髪や煙などの類似した単純な図形をアニメーション化するために使用されます。 面倒な中割りやトレーシング作業に取り組んでいるときに、時間を節約することができます。これで、歩行サイクルやアクロバットシーケンスなどの複雑なアニメーションタスクに費やす時間が増えます。

描画をモーフィングする方法を学ぶには、円や長方形などの基本的な図形から始めるのがよいでしょう。 ツールにより馴染んだら、知識と専門知識を増やすことができます。 きわめて短時間のうちに、いくつかの顕著な効果を生み出すことでしょう。

開始する前にモーフィングの長所と短所を知ることは有益です。 何ができるか、どの描画ラインがより有益か、または問題が多いかを理解することにより、効率的にモーフィングを行えるように主要描画を設計することが可能になります。

注: 形状が複雑になればなるほど、モーフィングには時間がかかります。 描画のモーフィングに手描きするよりも時間がかかる場合は、モーフィングではなくアニメーション化の方がよいでしょう。 しかし、描画をモーフィングできる機会を見つけたら、やってみてください! 余分な描画を作成する必要もなく、時間と速度をあっという間に修正できます!

モーフィング速度の調整

アニメーションを見ると、モーフィングモーションが一定であることがわかります。 なるべく機械的な動きにしないためには、おそらくある程度のイーズインまたはイーズアウトの作成を望むことでしょう。

モーフヒントの追加

Harmonyの Morphing(モーフィング)ツールでは、Harmony多くの方法でモーフィングシーケンスをコントロールすることができます。 これらの方法の1つは、意図された通りにHarmonyが描画をモーフィングするようにヒントを付けることです。

ヒントとは、ソース描画と宛先描画の両方に配置されて、2つの描画間のゾーンとラインを関連付けるポイントです。 それらは、カラーフィルゾーンに沿っていないラインや、ソース描画が宛先描画の対応する部分にモーフィングしない場合などに、Harmonyが描画をモーフィングする方法でエラーを修正するのに使用されます。 デフォルトで、Harmonyはソース描画内のコーナーやポイントを、宛先描画内の最も近いコーナーやポイントに関連付けます。 したがって、モーフィングされる形状やその動きが複雑な場合、ヒントがすみやかに必要になります。