方法> シーンのセットアップ方法

チャプター14: シーンのセットアップ方法

シーンのセットアップは、テレビ番組のセット造りと比べられます。この時点で、カメラフレームや背景エレメント、キャラクターなどのシーンエレメントを配置します。

カメラの配置

シーンアクションはカメラフレーム内で起こるため、正確にセットアップすることが非常に重要です。カメラ解像度などのパラメータは、Scene Settings(シーン設定)ウィンドウで調整できます。ゲームアニメーションのパイプラインで作業している場合、正射カメラの設定が必要となる可能性もあります

Camera(カメラ)レイヤーは静的であるため、アニメーション化が必要な場合にはペグを追加しなければなりません。

カメラフレームを編集するためには、シーンにカメラレイヤーを追加する必要があります。一度に見られるカメラは1つのみです。シーンに複数のカメラを追加する場合、Camera(カメラ)リストを使用してどれをアクティブにするか選択します。まだシーン構成の作業中であり、さまざまなカメラフレームを試す必要がある場合、この機能を使うとよいでしょう。

カメラフレームは、Camera(カメラ)ビューで高度なアニメーションツールを使用すると直接再配置できます。カメラのプロパティに直接座標を打ち込んでも、カメラフレームをセットアップすることができます。視覚的に測るよりも、この方が希望する位置に正確にカメラを配置できます。

カメラは、簡単にもとの位置にリセットすることができます。Reset(リセット)コマンドを使えば、選択した要素の値を、アクティブなツールの初期値にリセットできます。例えば、Rotate(回転)ツールがアクティブになっている場合にはトランスフォーム角度が0にリセットされます。Transform(トランスフォーム)ツールがアクティブになっていれば、パラメータ値がすべてリセットされます。

オブジェクトの配置

シーンのセットアップには、カメラフレーム内へさまざまなシーン要素を配置する作業も含まれます。

ピボットの再配置

回転、拡大縮小、スキュー、フリッピングなどのトランスフォーム処理は、ピボットポイントの位置を基準に実行されます。このピボットポイントの位置は、高度なアニメーションツールを使用することで任意の場所に再配置できます。