方法> ムービーのエクスポート方法

チャプター20: ムービーのエクスポート方法

ビデオファイルが必要な場合、QuickTimeムービーとしてアニメーションをエクスポートすることができます。透明度のあるQuickTimeムービーをレンダーするには、Depth(深度)をMillions of Colours +(数百万色以上)に設定する必要があります。この設定は、QuickTimeムービーをエクスポートする際に行えます。

エクスポートしたビデオが小さすぎたり大きすぎたりする場合、トップメニューのScene(シーン) > Scene Settings(シーン設定)でプロジェクトサイズを変更できます。これでビデオの出力サイズが変更されます。

  1. Display Source(ソース表示)セクションで、プロジェクトのレンダリングに使うDisplay(表示)ノードを選択します。 シーンにDisplay(表示)ノードがない場合、Display All(すべてを表示)はドロップダウンリストで表示され、Timeline(タイムライン)ビューと同じ順にシーンがレンダリングされます。ここにはNode (ノード)ビューにフロートしているノードも含まれます。常に最後のComposite (合成)ノードにあるDisplay(表示)ノードからレンダリングを行うようにしましょう。ただし、特殊なDisplay(表示)ノードによって分離された特定のセクションをレンダリングしたい場合は除きます。
  1. Export Range(エクスポート範囲)セクションで、全シーン(All(すべて))をエクスポートするのか、特定のフレーム範囲だけエクスポートするのかを指定します。後者の場合、フレーム範囲を入力します。

  1. Resolution(解像度)セクションで、メニューから次のいずれかを選択します。
推奨解像度比率。
Custom(カスタム):特定のサイズを入力できるよう、Width(幅)およびHeight(高さ)フィールドを有効にします。

  1. Options(オプション)セクションで、Movie Options(ムービーオプション)をクリックします。

パラメータ 説明
Video(ビデオ) ビデオ設定、フィルター、サイズのカスタム化を有効にします。

設定:Standard Video Compression Settings(標準ビデオ圧縮設定)ダイアログボックスが開きます。

フィルター:Choose Video Filter(ビデオフィルター選択)ダイアログボックスを開くと、エクスポートするビデオに適用するフィルターを多数の中から選択できます。

サイズ:Export Size Settings(エクスポートサイズ設定)ダイアログボックスが開きます。サイズ設定はHarmonyのシーン設定によって上書きされます。

Sound(サウンド)

サウンド設定のカスタム化を有効にします。

設定:Sound Settings(サウンド設定)ダイアログボックスを開きます(以下を参照) 。

Prepare for Internet Streaming(インターネットストリーミングの準備)

インターネットストリーミングオプションのカスタム化を有効にします。

  1. Video(ビデオ)セクションでSettings(設定)をクリックします。

Standard Video Compression Settings(標準ビデオ圧縮設定)ダイアログボックスが開きます。

  1. Compression Type(圧縮タイプ)メニューからコーデックを選択します。特定の圧縮設定が使用できるかどうかは、選択されたCompression Type(圧縮タイプ)によって決まります。例えばAnimation(アニメーション)はデフォルトの圧縮タイプですが、結果としてData Rate(データレート)オプションがグレーアウトされます。
  1. Motion(モーション)セクションで、一覧からFrame Rate(フレームレート)を選択します。

デフォルトではHarmonyプロジェクトの秒あたりフレーム数(fps)に一致するように設定されています。低いフレームレートを選択すると、エクスポートプレイバックは実際のプロジェクトより高速になります。高いフレームレートでは、その逆になります。

  1. キーフレームを挿入したい場合、Every(あたりの数)オプションを選択してフレームあたりの数を設定します。

これはQuickTime推奨のオプションです。詳細については、QuickTimeのマニュアルを参照してください。

  1. Quality(品質)セクションで、スライダーを使って品質設定を選びます。エクスポート品質を高くするほどファイルは大きくなるので注意してください。

  1. Data Rate(データレート)セクションで、プログラムに最適なビットレートの自動的な選択を任せるか、またはエクスポートの品質と引き換えにスペースを節約し、ダウンロード時間を短縮するためRestricted(制限)エクスポート品質と引き換えにスペースを節約し、素早いダウンロードを可能にするレート。レートを入力します。
  1. 同じセクションで、Optimized For(最適化基準)メニューから、エクスポートしたものに意図される閲覧方法を選択します。
  1. OKをクリックします。
  1. Movie Settings(ムービー設定)ダイアログボックスからSound Settings(サウンド設定)をクリックします。

Sound Settings(サウンド設定)ダイアログボックスが開きます。

  1. Compressor(圧縮プログラム)メニューから、圧縮タイプを選択します。デフォルトの設定はNone(なし)です。これによって情報を損失せずにオリジナルのサウンドファイルが保持されます。しかし、圧縮されていないサウンドファイルが、ビデオエクスポートの全体のサイズに「負担」をかけることは避けられません。
  1. Rate(レート)メニューからレートを選択します。サウンドファイルのオリジナルのプロパティを確認し、一致させることをお勧めします。例えばオーディオサンプルレートが48 kHzのファイルを22.05 kHzに変換すると、サウンドは同じ速度で再生されますが、高域周波数が欠けてしまいます。標準的なフィルムサウンドクオリティには44.1 kHzを、DVDクオリティの実現には48 kHzを選択してください。これ未満にすると、サウンドが「曇った」ようになったり、明瞭さが減じたりします。録音した音声などについては大きな問題になりませんが、音楽では耳でわかるほどの相違が生まれる場合があります。インターネット用のビデオなどであり、ファイルサイズを懸念しているのであれば、レートを下げるほうが現実的です。
  1. 関連するSize(サイズ)Use(用途)を選択します。オリジナルのサウンドファイルプロパティを確認することを推奨します。ファイルが1チャンネル(モノ)で録音されている場合、2チャンネル(ステレオ)オプションを選択しても意味がありません。モノは16-bitチャンネルをサポートできますが、余分な情報は不要です。通常、モノは8-bit、ステレオは16-bitとの組み合わせとなります。
  1. OKをクリックします。
  1. Export to QuickTime Movie(QuickTimeムービーにエクスポート)ダイアログボックスで、OKを押します。

進行状況バーが表示されます。

  1. QuickTimeビデオを保存したコンピューターの場所を参照し、ダブルクリックしてエクスポートしたものを閲覧します。